毎日50Q

近くて長い距離、1ヤード

今日のレッスンで特別にパターレッスンをさせて頂きました。

レッスン中にご指導させて頂いた内容を少し紹介します。因みにレッスンの内容はそれぞれ皆さん違います。

今日のレッスンではクラブ一本分の距離をしっかり練習して頂きました。

この練習にはゴルフの上達に必要な要素がたくさんあります。

練習方法の一つですが、カップに届くギリギリまでのタッチでカップインを狙う練習と、ラインを消して強気でカップインを狙う練習を交互にして下さい。二つの練習方法ですが、感覚を研ぎ澄ます練習です。

ここで必要な事が自分を知ることです。思い出してみてください。貴方はコースラウンド中の1メートルの返しのパットでどちらを使いますか。

ギリギリの距離で狙い過ぎて1メートルのパターでショートしてませんか?

もしくは強気に打ち過ぎて2メートル転がってませんか?

それぞれ皆さんミスの仕方にも違いがあると思います。自分のミスの傾向を思い出して、そのミスの反対の感覚で練習してみてはいかがでしょうか?

コースレッスン


今日のラウンドレッスンは笹平カントリー俱楽部でさせて頂きました。

女性のレッスン生お二人と楽しくラウンドレッスン出来ました。

40代と70代のお客様でしたが、お二人とも少しずつボールが飛ぶようになってらっしゃって、今となってはかなりボールが飛んでました。飛距離を出すために「力まず」、「リラックスして」、「ゆっくりしたタイミング」で最後までスイングすることが出来てきたと思います。

ラウンドレッスン終了後の反省会でお話しさせて頂いた事が、パターについてです。

レッスンにお越しのお客様が上達するにつれて、必須となることがパターの練習です。理由は多くありますが一つ紹介すると、パターのストロークの仕方(肘の動き等)はそのままスイングにつながります。つまりショットを良くする為にパターの練習が必要となってくるのでパターの練習に多めの時間を割いて頂きたいということをお伝えしました。

コースでのバンカーレッスン

今日は笹平カントリー倶楽部にてコースレッスンをさせて頂きました。コースでは色々なショットの練習をして頂きましたが、今回のブログには練習して頂いた、バンカーショットについてupしてみたいと思います。

グリーンサイドのガードバンカーからのバンカーショットは通常サンドウェッジを使われると思いますが、今回のコースレッスンではサンドウエッジを使用せず、ミドルアイアンでショットを打って頂きました。このバンカーショットですが、レッスンをご受講頂いたお客様には「慣れるとメチャ簡単」と好評でした。

私のレッスンではどんなショットでもまず転がし寄せる練習から初めて頂きます。また皆様とコースレッスン出来る事を楽しみにしております。


バンカーショットの練習をしよう

バンカーのレッスンに使用していたボールが割れました。

昔の糸巻きボールは割れる事が珍しくなかったですが、今時のボールが割れるのは珍しいと思います。ボールが割れるまで練習に使い続けられる事はなかなか珍しいですが、ボールが擦り切れて割れてしまうまでバンカーの練習をすれば、必ずバンカーショットは上手くなると思います。

バンカーの練習はゴルフスイングを良くする為にはとてもいい練習になります。私のレッスンでは一般的なレッスン方法と少し違う視点からバンカー練習をご指導してます。

またバンカーショットの細かい事もブログに書いて参ります。

 

 

 

フェアウェイウッドを味方につける。

フォレストみずなみカントリークラブにてラウンドレッスンをさせていただきました。

スタート前には小雨でしたが、スタートする時にはばっちりの天候になりました。

 

今日のラウンドレッスンでは、グリーン周りからのショートゲームとフェアウェイウッドをメインにレッスンさせて頂きました。

女性ゴルファーやご高齢のゴルファーの方には、特にフェアウェイウッドを味方につけて頂く必要があります。

味方につける為にはまず練習が必須で、色々な方法があります。

フェアウェイウッドの上達には、アドレスやグリップの確認はもちろんですが、クラブのフェース面でボールをきちんと打てているかの確認も必要です。

単純なことですが、ここからがレッスンのスタートです。

「コロコロ転がる」ランニングアプローチ

山岡カントリークラブにてラウンドレッスンをさせて頂きました。

 

スタート前にアプローチとバンカーショットのレッスンをしっかりおこなってからラウンドをスタート。身体が柔らかくなってからのラウンドレッスン中にお客様が開眼された事を少し書きます。

 

お客様のお一人の方がグリーン周りからのアプローチでアプローチウエッジを使ってらっしゃいました。アプローチウエッジを使う事自体が悪い事ではありませんが、今回は、出来れば転がして寄せて頂く様にと、アドバイスさせていただきました。アドバイスの趣旨は「コロコロ寄せる」です。専門的にお話しするとキャリーとランの比率です。キャリーする距離が多くなればあまりランしません。逆にキャリーする距離を減らし、イメージ的にはコロコロコロコロコロコロ、コロ、コロ、コロ、、コロ、、、コロ、、、、コロ位でしょうか。出来るだけコロコロの時間を多くするということです。練習して慣れてくるとイメージしたコロコロと実際に打ってのコロコロ感が合ってきます。感覚的なレッスンですが、ゴルフ場でのラウンドレッスンでは非常に分かり易かったようです。

 

【ゴルフスイング】ヘッドを走らす?

「ヘッドを走らせろ。」

ゴルフを長くされている方は一度は聞いたことがあると思います。

 

私は「ヘッドを走らせろ」とか「ヘッドを走らす」とは考えてません。

レッスン中もこの言葉はなるべく使わないようにしてます。

「ボールに向かってヘッドを走らそう」とすると余計に上手くいかなくなるからです。

言葉遊びと脳内のイメージの抽象的な話ですが、私にはこれがかなり重要だと思います。

欲望は無限大

品川カントリークラブにてラウンドレッスン会を開催しました。

突然の開催でしたが、たくさんのお客様にお集まりいただきました。

今回のラウンドレッスン会の意図はコースでレッスン中のようなスイング出来ているかを確認させて頂きました。

やはりゴルフコースでは、練習場のようにスイングすることは難しいようです。

 

 

女性のお客様に今日のレッスンで気付かれた事を教えていただきました。

「欲張らない」

ゴルフは欲張らないことが大切。

 

・・・それは私にはまだ難しいです。

 

大事の思案は軽くすべし。小事の思案は重くすべし。

本日は品川カントリークラブでラウンドレッスンをさせて頂きました。

今日のお客様の課題はアプローチでしたが、アプローチの感覚が向上してくると、パターも感じがよくなってこられました。

今日のラウンドレッスン中にお客様にお話しさせて頂いた事を少しだけ書きます。

パターやランニングアプローチの様な小さなスイングほど「インパクトの思案は重くすべ。」

ドライバーショットなどの強烈なインパクトが発生するスイングほど「インパクトの思案は軽くすべし。」


ラウンドレッスン


今日は新陽カントリークラブにてラウンドレッスンをさせていただきました。

男性のお客様がラウンドレッスン中に気付かれた事が、ドライバーショットでの飛距離でした。

「よく飛ぶようになってる」とのことです。

レッスン中に練習場では、160ヤードの看板にキャーリーしているのが、コースレッスンでは、230ヤードの杭までしっかり飛んでいました。

この現象には理由があります。

この理由をしっかり理解していないと・・・

練習場レッスンではこの理由のお話をもれなくさせて頂きますが、コースレッスンで理由をお話ししながら、実証ができたので大満足とのことでした。

私もすごく楽しいラウンドレッスンが出来たことに大満足でした。

ジャパンゴルフフェア2016

東京ビックサイトで開催されている、ジャパンゴルフフェアに行ってきました。

私は土曜日に参加させて頂いたのですが、凄い盛り上がりでした。

ゴルフがメチャ好きな私にとって、まさに「夢の国」でした。

どの会社のブースもとても面白く、もっとゆっくり時間をかけて見たい所ばかりでした。

私が立ち寄った所で、ゴルフ場&地域観光、物産コーナーでは、特に福島(白河)コーナーは良かったですよ!

福島弁で話しかけて頂いたので、日頃、名古屋弁と三河弁に囲まれてる僕には凄く新鮮でした。

日頃行けない所を知れて、お土産も買えました。

インドネシアのコーナーを見ながら、レッスン生の方とゴルフ旅行がしたいなぁと思いながら帰ってきました。

砲台グリーンへのアプローチ

今日はフォレストみずなみカントリークラブでラウンドレッスンをしました。

朝早いスタートでしたが皆さん、コースの開場前に集まる気合いの入りぶりです。スタートしてからすぐに気温が上がり始め、絶好のゴルフ日和で爽快にご自身の課題に取組みながら、ラウンドを楽しまれました。

 

今日のラウンドレッスンで、「アプローチを課題」とするお客様がいらっしゃいました。

多くの方がアプローチではウエッジでのピッチショットを基準にアプローチされていると思います。

アプローチではクラブも打ち方も色々な選択が出来ると思いますが、今回のラウンドレッスンではお客様にはランニングアプローチをおススメさせていただきました。しかもなるべく転がる時間が長いクラブを選択しました。日頃のラウンドではサンドウエッジやアプローチウエッジをお使いのようで、最初は発想やイメージを変えることに手こずりましたが慣れると、とても上手にアプローチショットが出来るようになられてました。

また、特に砲台グリーンへのアプローチに有効だと気付いていらっしゃいました。

コースレッスンでは、練習場では出来ないレッスンが出来るのでとても楽しいですね。また皆さんでご一緒しましょうね。

 

 


ラウンドレッスン

今日は、新陽カントリー倶楽部でコースレッスンでした。

コースレッスンでなければ出来ない内容が盛りだくさんのレッスンで、皆さん大満足とおっしゃっていただきました。

私も楽しく幸せな時間を過ごすことができました。

お越し頂いた方々、ゴルフ場関係者の皆さん、いろいろな方のご協力のおかげです。

ありがとうございました。

 

お客様が最終ホールでフェアウエイバンカーから7番ウッドでナイスショットを打たれました。フェアウェイバンカーからのショットはアイアンでショットするよりウッドでショットする方がやさしい時があります。こんなレッスンはコースでないと出来ないと感心していただきました。

僕の指導で、ボールにアドレスしたらあれこれと考えずに「ササッと打つ」という指導が大好評でした。

凄く単純な事ですが、実は深い意味があります。しかも慣れるまでは意外と難しいのです。

深い意味の一つは、一日のゲームの「流れ」です。これをコントロール出来る人が達人なんだと思います。

「流れ」を感じとる練習には、「考えて打つ」では難しいかもしれません。矛盾しているようですが、上達するには「考えて打つ」も大事ですが…何が大事なんでしょうね。

やっぱりplay  fastがステキですね。

 


練習への情熱

寒い日の練習にはゴルフへの情熱が必要です。

この寒さでレッスンに来て頂いた事に情熱を感じずにはいられません。

 

情熱に火をつける人間とは?

 

 

 

垂木プロ流「シャンク」の考え方

 「ゴルフの神様は残酷である。でも本当は、、、、」レッスン中にそう感じました。

 昨日のレッスンで突然「シャンク」を発症したレッスン生がいました。その人は65歳を過ぎてからゴルフを始めた方で、私の指導を長く頑張ってきた人です。私はその方とゼロから一緒にゴルフスイングを作ってきたので、その人のゴルフはかなり細かく把握してます。ゴルフを始めた当時は身体が硬くて全てのクラブで距離が出ませんでした。9番アイアンのフルスイングで50ヤードからスタートです。全てのクラブが飛びませんでした。私がその時に出来る最善策を全てのことを取り入れていただきました。ドライバーは転がしのショットを覚えていただきました。アプローチは勿論ランニングアプローチです。レッスンとラウンドを長期的に繰り返していきスコア100を切れるところまできました。特にこの1年はかなり頑張られてことを私は知っています。全てのショットが上達してきました。「ところが、、、、」

 突然の「シャンク」です。でも私はそろそろ来る事が分かってました。何故分かっていたのでしょうか?それは「上達してきた」からです。私は「ゴルフの神様はレッスン生が努力して次のステージに上がろうとすると、必ずそのステージに上がる準備が本当に出来たのかテストを出されるよう」に感じます。突然の「シャンク」もその一種類のように感じるのです。

 こんな風に考えている私です。そのレッスン生がシャンクでお困りの最中にこんな事を考えました。「おめでとうございます。遂にここまできましたね!ゴルフが上達する人は全員通っている道です。これを超えれば次のステージです!!」でも言えませんでした。このブログを読んでいただいてる人はゴルフが大好きで心優しい人だと思います。その言葉を言えない気持ちをよく分かっていただけると思います。「その人はその時本当に困っているのです。」

 ゴルフの神様のテストは「今までの解決法ではクリアさせてくれない」ように感じるでしょう。私が感じた今回のテストの解決法は「基本にしっかり戻る」でした。だから私は一言だけお伝えしました。「シャンクが出たら基本に戻る時です。必ず超えれます。安心してください。」残酷なようですが、その時はこれ以上の言葉はいらないように感じました。

 普通の指導者はきっとシャンクが出ると「出なくなるスキル」を教えてくれるでしょう。でも私は、それは一時凌ぎに過ぎないように思えるのです。(勿論私も一時的に出なくなる方法をお伝えします。そしてその時は出なくなります。しかし、、、)

 私は「シャンク」を「ゴルフの神様のテスト」だと思っているので「スキル」だけで超えれるものではないように感じているのです。勿論「スキル」は必要なのですが、それだけでは無いような気がします。では何を求められているのでしょう?それは「ゴルフにおける人間力」の向上のような気がしてならないのです。これが向上した時にはその時に必要な「スキル」は比例して上達している筈です。

 ゴルフの神様のテストは、クリアしてしまえば「本当に何事も無かった」かのように過ぎ去ります。そして「その出来事があったからこそ良かったのではないのか」と後から気づいたりします。私は「私に対してゴルフの神様は残酷」だと思います。いつも今の自分にピッタリの厳しいテストをお与え下さいます。

12日のレッスンの振り返り

 12日のラウンドレッスンの課題は「バンカーの苦手意識を取り除く」がメインレッスンでした。ラウンド前にみっちりとバンカーレッスンをさせていただきました。バンカー練習を見せていただきすぐに分かったことがあります。それは「バンカーに入ると別人」になられることです。ここからレッスンは始まっていきました。

 今回のブログは「ラウンドレッスンの振り返り」をかねていますので率直に書かせていただきます。バンカーが上手くいかない原因は「まだスイングの基本がしっかりと身に付いてないから」です。プロとしてこれが率直な感想です。(私は「基礎の徹底が応用問題解決に繋がる」と考えていますので、レッスン生への期待も込めてこの様にお伝えさせていただきます。)

 ここからが超重要です。「ドライバーショット」「フェアウェイからのユーティリテーショットやアイアンショット」「PAR3でのアイアンショット」は見事でした。PAR3は全部パーオンしてますし、ドライバーは私より飛んだショットもありました。(ドライバーのO.B.は一発です。それは構え難いホールで向きを間違えてアドレスしたのが直接の原因でした。)ハーフラウンドで、パーは4つ取りました。因みにボギー3つです。この情報から分かることがありませんか?フルスイングは上達されているのです!!ということは練習場でご指導させていただいてるショットは着実に上達されているのです。「ショットの基本となる技術は着実に上達している」と言えますが、その「基本の応用編はできてない」と言えます。ラウンドレッスンを通して「バンカーショット」が上達してくると「傾斜からのアプローチ」の苦手意識が少なくなりました。これはラウンドレッスンで「基本の応用練習」をしていくことでより「スイングの基本となる基礎」がしっかりと身についてくるから他のショットにも良い影響が出ているのです。

 今回のラウンドレッスンでは「バンカーショット」が課題でした。最初拝見させていただいたバンカーショットはスイング動作のリズムが速くなり所謂「手打ち状態」になっておりました。良くない「手打ちスイング」は、体幹に力が入ってなく、身体の軸がブレブレになり、手でインパクトを作りにいきます。これを改善する為に「ゆっくりスイングしてください」「バンカーショットは3分の1のスピードで打ってください」とご指導させていただきました。これは「身体と腕の動作タイミングを合わす為」にそのようなご指導をさせていただきました。今回ラウンドレッスンを受講していただき私の中で次回からの練習場レッスンでやらなければならない課題が明確になりました。長くなるのでレッスン内容の詳細は端折りますが、練習メニューはアプローチがメインです。練習ボール200球購入していただいたらその内150球は50ヤード以内の練習です。フルスイングは「ちょっと」でいいです。この練習メニューを「マジで」やっていきます。「この練習は忍耐力が要ります。」

 「あとがき」

 私は昨日のラウンドレッスン確信しました!練習場では「いいショットが打てるのに」という方はラウンドでの指導が必要な方です。スコア向上はゴルフ場での指導が「絶対」に必要です。練習場とゴルフ場は指導内容が全く違います。ラウンドレッスンで次に上達に必要な練習課題が明確になります。スコア向上の為の「課題を明確にする」これがラウンドレッスンで最も重要です。課題が明確になるからこそ効率の良い練習出来るからです。

続きを読む

【ゴルフ】小さなスイングの重要性

 11日は大阪市内で個人レッスン会を開催させていただきました。大阪市内の朝の「感じ」は名古屋市内とは少し違います。歩くペースも信号待ちの表情も違いがあります。朝の大阪市内は私にとって「凄く懐かしい」感じがしました。ここも私にとってはご縁がある地なのでしょう。(ブログを書こうと夕方にイオン鶴見緑地のマクドナルドに行きました。ここの10代の女性アルバイトさんは「やり手」でした。笑顔がとても良かったです。作り笑顔では無いことがすぐに分かります。ゴルフレッスンの時とレッスン生と同じ笑顔でした。誰かに言われて出来る笑顔ではないことがよく分かります。少しの休憩時間にも学ぶべきことがたくさんありました。)

 今日の個人レッスン会では、すべての方に当て嵌まる要素がありました。それは「小さい振り幅のスイングがとても重要」なことです。小さい振り幅と言っても「腰から腰」とかのスイングサイズではありません。クラブヘッドが地上15センチから20センチ位まで上がった位置からスタートするスイングです。「パッティングのような振り幅」と言っていいでしょう。このスイングサイズで「クラブヘッドをあまり振らないようにして、ボールをしっかりミートする技術」を極めていくことが重要です。ここを極まることでテークバックの迷いは大元がなくなります。でもそれは「垂木流のテークバック」に限られます。神主打法にも通じるポイントです。

ゴルフクラブは「長ければ長いほうが飛ぶ」?

  クラブは「長ければ長いほうが飛ぶ」そう思ってませんか?実は私も昔はそう思ってました。

怪我して背骨の手術までした自分が使えるクラブをコンセプトにした「垂木プロオリジナルクラブ」を作成するテストしていた時に、ビックリする程の数のクラブを実際に作りテストしました。(この時に自分でも使えるクラブを作ってなければ、間違いなく今のゴルフはありません)その時は長いクラブも短いクラブも作りました。かなりの年月をかけてクラブ作製とテストを自分自身でしていたので、その時に学んだことや経験値として分かることがたくさんあります。普通の情報とはかなり違うかもしれないけど自分だけ知ってることが多々あります。

 クラブの長さのメリットは、飛距離以上に恩恵を受けやすい事象があります。クラブの長さの「真」のメリットとでも言えばいいのでしょうか。そのメリットが生かされる人は「長さによって飛ぶ」可能性がありますが、そのメリットが「デメリット」になる人も間違いなくいます。プレーヤーのその時のスイングイメージによってその恩恵は「メリット」にもなれば「デメリット」になることもあります。クラブを色々な要素が複雑に絡み合います。

 安直に長ければ飛ぶというのでもいいのですが、、、私はそうは言えません。クラブの長さはどういった所に恩恵を与えるのかをイメージして、その人にはどのようなクラブが必要なのかを考えます。合わないクラブを使っていても「学べる」ことはたくさんありますが、私はちょっとだけ時間の無駄にも感じます。なんせ私はゴルフに関しては「時間の無駄遣い」しかしてません。「最近ですよ、その無駄が無駄ではなかったことを知ったのは。」だから何事も否定はしません。ゴルフクラブから学べることはたくさんあります。

続きを読む

垂木プロのゴルフ理論

 ゴルフは「最初にどのような打ち方のイメージ(スイングイメージ)を植え付けたか」で将来の上達が大きく変わります。最近垂木プロゴルフチャンネルの視聴者さんからメッセージをいただきました。とても面白いと思いましたのでご紹介させていただきます。

 

 

YouTubeを見ると、受け売りばかりで自分の理論を持っていないレッスンプロが多すぎます。中身の無い動画を垂れ流し、内容も似たり寄ったり……。 そういう動画に限って我々アマチュアゴルファーは視聴してしまうのです。 私自身も垂木プロの動画に行き着くまでに、何時間も無駄な時間を過ごしてしまいました。 垂木プロのゴルフ理論が全アマチュアゴルファーに浸透する事を祈っております。

 

 

 私の指導が完全無欠かというとそうではありません。他の指導理論よりも信頼関係が強くないと「伝わりづらい」のではないでしょうか。私が他の指導理論や指導者より優れている点があるとするならそれは「レッスン生に対する「良くなって欲しい」という想いの深さと強さ」と「自分の身体はもう「このスイングしか出来ない」というネガティブな要素」が他の人とは違うのではないでしょうか。スイングに関しても、クラブに関しても、他を追いかけることも真似することも私自身はもうありません。スイングに関してもゴルフクラブに関してもまだ追求したいことは私の中に山のようにありますが、その答えを日本の中だけではなかなか見付け出すことは出来ないと考えています。

 私はゴルフを長く続けていくと「そのゴルフには自分の生き様が出る」と思ってます。私は「自分に一貫性」を持ち続けていきます。「自分にも他の人にも優しい人でありたい」(優しいとはただ優しいだけでは無く、厳しい側面も持ち合わせていると思ってます。)この二つを私は大切にしています。