「コロコロ転がる」ランニングアプローチ

山岡カントリークラブにてラウンドレッスンをさせて頂きました。

 

スタート前にアプローチとバンカーショットのレッスンをしっかりおこなってからラウンドをスタート。身体が柔らかくなってからのラウンドレッスン中にお客様が開眼された事を少し書きます。

 

お客様のお一人の方がグリーン周りからのアプローチでアプローチウエッジを使ってらっしゃいました。アプローチウエッジを使う事自体が悪い事ではありませんが、今回は、出来れば転がして寄せて頂く様にと、アドバイスさせていただきました。アドバイスの趣旨は「コロコロ寄せる」です。専門的にお話しするとキャリーとランの比率です。キャリーする距離が多くなればあまりランしません。逆にキャリーする距離を減らし、イメージ的にはコロコロコロコロコロコロ、コロ、コロ、コロ、、コロ、、、コロ、、、、コロ位でしょうか。出来るだけコロコロの時間を多くするということです。練習して慣れてくるとイメージしたコロコロと実際に打ってのコロコロ感が合ってきます。感覚的なレッスンですが、ゴルフ場でのラウンドレッスンでは非常に分かり易かったようです。