· 

【ゴルフ】インパクトはアドレスの再現ではない

 私がアドレスとボールの位置を考える時に、前提条件にしている事は、「インパクトはアドレスの再現ではない」もしくは「アドレスの形でインパクトしてない」を前提条件にしています。この前提条件を理解することが出来るとスイングイメージは飛躍的に向上すると思います。分かりにくい話になりますのでヒントをプレゼントします。インパクトで「アドレスの形でボールを捉えよう」とすればするほど右肩が下がったインパクトになるはずです。

  レッスン中にこの前提条件でスイングして頂くと、レッスン生の皆さん一様に「変な感じ」とか「おかしい」と仰います。しかしそのスイングを動画を取ってチェックすると、皆さんの理想である「アドレスの再現のようなインパクト」をしていることがよく分かります。しかも何故かボールはまっすぐ飛んでいきます。そこで一言...「よく分かりません。」

  色々な方をご指導させていただき思うことは、ボールの位置を身体の中心に寄せてインパクトをむかえようとしている人ほど

「アドレスの形がインパクトの形」だとイメージしている傾向が強いように感じます。若しくは「クラブが自分に合っていない」ことが多々あります。