· 

パッティングイップスを解決するには

 私のパッティングスタイルやオリジナルパターについて多くのご質問やお問い合わせを頂いております。お問い合わせ頂く方それぞれにパターやパッティングに悩んでおられ、特にショートパットで悩まれてイップスになってらっしゃる方がかなり沢山見えられる事が分かりました。

  パッティングイップスになられた理由は十人十色でそれぞれに理由があるでしょう。そういう私も実はイップスでした。それもかなり酷いイップスでした。「テークバックが上がらない状態」になり最終的には距離感もおかしくなる症状です。これが大事な時ほど起こるんです。精神的にパターが嫌になりイップスが酷くなりました。当時私は解決策に長尺パターを使いました。実はそれが、、、私にとっては劇薬でした。

  私の今までの経験から重度のパッティングイップスの方には長尺パターは即効性の効果があります。しかし即効性の効果があるものでは根本的な悩みの解決には至りません。即効性の効果があるのでそれに頼り過ぎて、悩みがより深くなる可能性を秘めていると思います。

  私がパッティングイップスを解決した方法は、「パッティング=精神的な物」から「パッティング=技術的な物」と考える事から始めました。精神的な事を理由にすると解決策が取り辛くなりますが、技術的に解決可能となると策を講じる事が可能になり、解決への突破口が出来ます。

  そして私がパッティングイップスを解決することが出来て分かった事は「パッティングは技術の集大成」でパッティングこそ技術に差があるということです。そしてクラブ(パター)で差が出来ることに気づきました。打ち方の悩み(技術差)を取り除くことが出来るパターが私のオリジナルパターです。