· 

バイクとゴルフクラブ【道具を使う共通点】

 私の大好きな動画です。この動画に出ている白バイ隊員さん「大型バイク」を自分の手足のように扱っています!しかもテクニックを説明しながら運転しています。「流暢にお話ししながら違う動作をする」凄いと思います。私も説明(話)しながらボールを打つ技術を持っているので何となく分かるのですが、「動作の事」など全く考えてない筈です。動作に意識がいくと、まともに喋れません。多分この白バイ隊員さんもバイクを動かす事より「話す内容」のことを考えている筈です。

 話が逸れましたが、今回の動画で「道具を使うこと(バイクとクラブ)」に共通する内容部分があります。動画1分30秒からの白バイ隊員さんのご説明がそうです。「オートバイとは早く走るだけが能ではありません。ゆっくりとした速度の時にいかに操れるか。それが大切なんです。」「速度を出す練習はしないでいいです。ゆっくりの時にいかに上手にオートバイを操れるかを練習してください。」この内容は私のゴルフ指導そのままではないですか!「ゆっくりスイングしてください。」「早く振らなくていいですよ。」バイクもゴルフクラブも全く同じです。道具を使うのに焦りは禁物です。ゆっくり上手に「お道具」を使えると、周りから「お品良く」「カッコ良く」見えます。そして不思議なことに、技術が段々とついてくると「ゆっくり」でも「身体の力が抜けてきて」「素早く、機敏」に見えてきます。

 私は「上手なゴルファー」も良いと思いますが「カッコの良いゴルファー」「お品の良いゴルファー」になりたいと思ってます。私自身この全てにおいてまだ道半ばです。

 さて、私もゴルフ場と練習場に「ヘッドスピードの速度取り締まり」に出動します。最近ゴルフ場において無謀なヘッドスピードで「単独事故」を起こされてることをよくお見かけします。事故が起こる前に、すかさず指導が入ります。私も白バイ隊員さんと指導における基本姿勢は同じです。笑顔で近寄ってきます。そして「ちょっとスピードが出すぎですね〜」から始まります。

 スピードは抑えめに。安全運転でお願い致します。