· 

ボールを強く打つには「勇気」が必要。

 「ボールを強く打つ」。これを可能にするのは「腕力」ではありません。「腕力」以上に「勇気」が必要です。「勇気」を持って強く打ちにいくことが一番の訓練であり「勇気」を出せることが「他のどんなスキル」よりも優れていると私は考えます。

 ゴルフボールを強く打つ「勇気」と、飛び込み営業の「勇気」は似ているのではないかと「私」は思います。断られることなど「百も承知で」勇気を出して「ドアノック」をしなければ何もスタートしないのではないでしょうか?ゴルフの「ショット」も同じです。プロが打ってもナイスショットは多く出ません。プロでもミスを犯すわけですから、ハンデが多い人はほとんどが「ミスショット」になって当然です。「ミスショット」など気にせずに「勇気を持って強く打つ」のです。

 自分の思い描いた結果とは全く違う結果が、何度も何度も出れば嫌になるかもしれませんが、気にせずに続けていくことです。その内に「少しずつ怖くなくなります」。そうなってくれば流れは自然と「自分の良い方」に向いてくると私は考えます。

 このメッセージは「垂木隆明」が「自分」へ向けての「勇気を出せ」とメッセージしています。