· 

【ゴルフ】バランスを崩すとボールは曲がる。

 左腕(身体の左サイド)の使い方は重要です。ダウンスイングからフォロースルーで右腕(右サイド)の力が強くなりすぎると、うまく左腕(左肘)が使えなくなるおそれがあります。左肘がうまく使えなくなると、フィニッシュまでクラブを振り抜くことが出来なくなります。(注釈:右腕の力が強くなりすぎるとは、右腕や身体の右サイドでボールを強く打ちにいきすぎる。と解釈しても良いでしょう。)

 左腕(身体の左サイド)をうまく使うためには「左腕と右腕のバランス」が重要です。身体の左サイド(左腕)の動かし方は重要ですが「左腕に頼り過ぎる」とスライス系の球が出やすくなってくることがあります。そこで右腕の登場ですが、その右腕が頑張り過ぎると、これまたバランスを崩します。「右にも左にも偏りすぎるとバランスを崩す」ということです。ここを押さえておけば「調子の大崩れ」は防ぎやすくなります。

 バランスを見極める為には、スイングを対局的に見る力(見れる力)が必要になります。あまりパーツ(細かい事)に目がいき過ぎることも全体のバランスを悪くする原因にもなることがあります。「動きを見る」より「流れを見る」ようにスイングを考えるとヒントがあるのではないでしょうか。