· 

「普通」と違うから「可能性」がある。

 今回の動画レッスンで重要なところは、からのアプローチ練習です。レッスン生は「左に飛びそうでけれでも、意外とまっすぐ飛ぶ」と仰られてます。ここが垂木流スイングの重要なポイントです。

 【あとがき】動画レッスンの7分45秒あたりでレッスン生が「正直、今まで悩んでいたのがなんだったんだ?と言うぐらい、、、」と仰られました。私の指導方法やスイング理論は、これまでの「普通」とは大きく異なります。その一つ一つの動作には意味が有り、それに慣れるのは大変だと思います。「これまでとの違い」を克服していくと、ある時気付くでしょう。今回の動画レッスンはその「違い」に気付かれた時に撮影したものです。

 20歳代、30歳代のうちにある程度時間をかけてしっかりとスイング習得しておけば「後から」が非常に楽しいモノになるでしょう。頑張った分だけの結果は、後からついてくるでしょう。