· 

【サンドウエッジ】ライの見極めが重要

 サンドウェッジで「柔らかい球筋のアプローチ」を打つのに必要なスキルは「打ち方(スイング)」以上に「ライの見極め」です。細かく説明しますと「SWでは打てないライ(ピンに寄せることが極めて難しい)」条件が存在します。球がその様なライの状態の上にある時は、良いスイングをしても「失敗」という結果が出ます。そこで問題をより根深いものにしてしまうのが「自分の打ち方が悪かった」のではないのかと勘違いしてしまうことです。それを二、三度繰り返すと、打ち方が分からなくなり、自信がなくなります。

 ここで重要なのは「ライの見極め」です。「練習場では打てるのになんでコースでは当たらないの?」というご質問をいただきます。先ほどもお伝えしましたが「プロでもうまく打てないライ」が存在します。その「打てないライの見極め」が出来てないとなんども何度も「失敗」を繰り返すことになります。そのライを見極める目を養うことは練習場のマットの上では出来ません。だからラウンドレッスンが必要なのです。