· 

ゴルフはゴロフ

 今回のブログは私のゴルフスイングに対する「考え方」です。私の考え方を把握しておけば指導を受ける際に「有利」に進めることが出来ます。今回は「考え方の基礎」となります。レッスン生の成長著しい方は「考え方の基礎」を必ず把握されています。成長していくのですが「うまくいったり」「うまくいかなかったり」の変動率が激しい人は、「考え方」がきちんと把握出来てない、知っているけど現場では「実行してない」可能性大です。だからこそ変動率が高いといえますが、、、私の指導を受けると、必ず調子は上がってきます。そこからがポイントです。「考え方の基礎」が把握出来てないと、途中から「自己流」で上達が進んでいくのです。本来私の指導は「物語のように」全ての話が繋がっていきます。しかし「基本となる考え方」が一致していないと「物語」を断片的に見るだけになり「話が繋がらなくなり」「よく分からない」ということになります。面白いドラマや映画を断片的に「飛び飛び」で見るようなものです。「面白い作品ほど最後になってくると、最初の話と繋がってきます。」

 話が逸れました。私の考え方の基本となることは「ゴルフはゴロフ」です。「ショット」の基本技術を構成するものは「パッティング」になるということです。「ラウンド中」も基本は「転がし」で考えます。ここを「把握」「理解」していれば私との「差」がとれてきます。これが「悟り(差取り)です。」ここを忠実に実行していれば「上達著しい」はずです。それがレッスン生が出す結果の違いになっています。

 「ゴルフはゴロフ」「ショット」の基本技術を構成するものは「パッティング」という「考え方」を少し掘り下げてみます。パッティングの打ち方のイメージは他のクラブの打ち方に直接影響を与えます。パターの打ち方は「振り子運動」だとイメージしている人は、ショット(アプローチ)を打つ時もクラブヘッドは振り子のように動かすイメージをしているはずです。ちなみに私の「パターの打ち方」のイメージは振り子動作ではありません。ここがズレると「ボタンのかけ違い」が最初から起こります。気をつけなければならないポイントです。