· 

転がしのゴルフは、完璧主義という人生を変えれる

 私自身が「転がすアプローチ」や「転がしのゴルフ」を覚えたことで大きく変わったことに「考え方」があります。

 私は「転がしのゴルフ」を覚える前は「ゴルフはナイスショットを打たなければならない。」と考えていました。それは特にアプローチの時に顕著でした。ウエッジでチップショットをしようものなら、毎回「スピン量と入射角」を揃えたナイスショットをしなければなりません。ちょっとでもボールの手前から入ろうものなら「ミス」です。良いショットを打っても結果が悪くなることもしばしば起こります。今となっては「そりゃ〜完璧主義になります。じゃなきゃピンに寄せれないですもん。」このように思えます。

 今は全然違います。「目見当です。」こうなると全てにおいて気持ちが楽になります。「目見当」ということは勘や経験がかなり必要となりますが、続けているうちに少しずつ上達してくるということです。「転がしのゴルフ」を覚えてくると練習の仕方が変わってきます。ナイスショットを打とうとする練習が少なくなる変わりに「基本の練習」が多くなるはずです。