· 

【ゴルフ】ボールの位置の重要性

 「右足寄りボールをおいて打つ技術」は低い弾道のアプローチショットを打つ時に有効です。(10ヤード以内のアプローチなどでしたら特に有効かもしれません)しかしボールの位置が右足寄りになり過ぎると「それまでとは違ったミス」が出るようになります。特に上達してきた時に「クラブフェースでボールを潰す」ような打感で、ボールを打てるようになり始めた時に注意が必要です。「もっと潰して打ちたくなる」のです。(ボールが潰れた感覚が欲しくなります。)こうなってくるとボール位置は段々と右足寄りになっていきます。右足寄りにおいて、さらに潰しにいきます。そうなってくると段々とトップオブスイングの位置からクラブが良いところに降りなくなってきます。スイングの調子を崩す要因の一つです。

 こうなって調子を崩していく人を私は知っています。それは昔の自分です。右足寄りにボールを置いてしまう理由を私はたくさん知っています。私自身はクラブもかなり影響してました。他にも「そうなる」理由はたくさんとあります。

 垂木流スイングの習得を目指している方は、余程の近距離(10ヤード以内)以外は右足寄りにボールを置くことはオススメしません。インパクトは詰まり気味になり易くクラブが振り抜けなくなってきます。ボールを右足寄りに置くことで気持ち的には「打ち込む準備」をしている予定なのですが、実際は「煽り打つ準備」となる可能性があるからです。

 このようなミスは【垂木プロのゴルフレッスン】不調の原因と対策とも関連がある場合があります。