· 

パッティングはショットの打ち方そのもの

 パッティングは「ショットの打ち方そのもの」と私は考えています。今回のパッティング動画レッスンを極めると「私のスイング指導の何故そうなるの」が少し解明出来るかもしれません。

 私のスイング指導は、テークバックでは必ず左腕を緩めていただき左肘は曲がってます。今回のパッティングレッスン動画と同じ内容です。「左肘を緩めるor左肘を曲げる=スイング中に左腕を殆ど使わない」と解釈してください(動画レッスンでは「左手は何もしない」とお伝えしております)

 テークバックで「左手は何もしない」ここにとても深い理由があります。普通のスイングレッスンでは「左手を使って」クラブをテークバックすることが多のではないでしょうか?それも「左手、左腕で」出来るだけクラブを身体の遠くに持って行こうとします。「左手、左腕を使いすぎてテークバックすると、そもそも身体の前からクラブがいなくなりませんか?」私は幼い時から「テークバックは左手左腕を使え」と指導を受けてきました。確かにフェード系のスイングを習得するならそれも「一利ある」でしょう。しかし「左腕を張って左手主導のテークバック」私にとってはデメリットが多すぎたのです。

 「左腕主体のゴルフスイング」これを20年かけて習得して3年かけてそのスイングをスクラップにして5年かけて今のスイングに再構築しました。「今からゴルフを始める人はいいよね。俺がいるんだから」なんて本気で言えます。

 

 ちょうど「経済の失われた20年」と「私のゴルフスイングの失われた20年」はタイミング的に同時期なのでしょうか?私のゴルフスイングは基本構造自体を変えたのでもう盤石です。今の私は基本構造自体を変えるというのは「ショック」と「軋轢」が必ず起こるということをゴルフを通して学んでいる最中です。基本構造を変えてもゴルフスイングの「ミス」からは解放されません。(人間である以上絶対にミスは付き物です。)しかし「悩み」からは解放されます。「失敗」すること以上に、どうすればいいのか分からないという「悩み」のほうが余程辛いモノだと私は考えてます。頑張る理由がここにあります。