· 

グリーンサイドでパッテングを見学しての感想。

 今回のブログはクラウンズを昨日まで見学しての「パッティング」について感想を書きます。

パッティングの技量差があると感じました。それはプロアマ戦での技量差ではありません。同じツアーを戦う選手での技量差があるということです。パッティング巧者は皆転がりが良いです。「ボールがグリーンの上を滑る時間が短く、転がる時間が長い」とでも言えば良いのでしょうか。カップの縁にいったボールもカップの中に落ちます。パッティング巧者は「ペロン」とカップの周りをナメて外れることが少ないと思います。そしてパッティング巧者はしっかりと打ててます。「迷いがない」と言えば良いのでしょうか。「下りラインでも打ちます。」あのスピードのグリーンで打ってきます。だからうまいのだと思います。

 プロなので、それぞれに攻め方はあると思います。「飛距離でアドバンテージをとるプロ」「ショット力でバーディーをとるプロ」「グリーン周りとパッティングが『超絶』うまいプロ」皆さんそれぞれにとても優れたところがありツアーで戦ってらっしゃるのがよく分かります。自分に足りないものを感じ取ることが出来てとても良い日になりました。ツアー観戦はとても有意義です。

 今回学んできた「パッテングやアプローチ、バンカーショット」はいきなりラウンドレッスンで生かせることばかりでした。色々と楽しみな事が増えました。