· 

「クロール」と「スイング」の共通点

 「水泳」と「ゴルフスイング」全く違う動作ですが、しっかりと考察すると共通点がたくさんあります。抽象的な表現になりますが、どちらの運動も「身体の背骨付近を軸とした運動」に感じることです。身体の右サイドのパーツと左サイドのパーツをタイミングよく使います。今回の動画ではその中でも「肩甲骨」をピックアップしてレッスンをしてます。

 ゴルファーの癖で「身体の背骨付近を軸とした運動」と聞くと「背骨を捻じる」と勘違いしやすいです。「身体の背骨付近を軸とした運動」を「背骨を捻じる」と勘違いをした時点で、この動画の意味はほぼ無くなったと言えます。

 私は背骨を出来るだけ「ねじったりひねったり」しないほうが良いスイングが出来ると考えます。背骨以外の可動する関節をしっかり使えることが重要です。その関節の一つが肩甲骨です。

 肩甲骨の可動を考えゴルフスイング用の動きを習得するだけでは、完全なゴルフスイングの完成とは言えませんが、ここを理解できてないと、身体の故障を続発させる可能性があります。それだけにこのレッスン動画は非常に重要なものだと思います。