· 

ゴルフ「クラブを立ててスイングする」

 「クラブを立ててスイングする」この言葉を可能にする為には、動作を想像以上に「大胆に」やってみることだと思います。

 ゴルフスイングは、スイングをしている時の自分の感覚と、第三者的な視点から見た実際のスイングにかなりの「差」(ギャップ)があることがあります。私は指導者として真に注力していることは、その人の感覚と実際の動作の「差」を取ることです。「差を取ること」それこそが「悟り」の道だと私は信じています。

 ゴルフを「差取る」ことはなかなか難しいです。自分自身を受け入れることが「差取り」の第一歩だと私は考えます。失敗は怖がらずに受け入れることです。そうすれはツキの流れは変わり始めます。