· 

想いは伝わる。

 現在の時間18:10、「イオン守山店」で美味しく夜ごはん(パン)を頂きながらブログを書いてます。

今日のブログは、先程16時からのレッスン生の皆さんの事を思いながらブログを書きます。先ほどのレッスンもいつも通り「120パーセント」私の持てる力を出しきりました。終わってからは、かなり疲労感があります。

 私はゴルフレッスンだけに限らず「指導」するということは、「愛」が必要だと感じます。指導者に「愛」がないと、ただの「アドバイス」になり言葉だけが上滑りします。私の指導は「言葉」ではなく「音(擬音)」が多い筈です。では何故その指導で皆さんが上達するのでしょうか?

 それは「何か」が伝わっているからです。その「何か」が非常に重要です。その「何か」とは、言葉を介して伝わることではなく、私の熱量や波動などでレッスン生に伝わっているのではないでしょうか?

 先ほどのレッスン中に、私は受講された皆さんから強い想いを受け取りました。この「想い」というのは「行動」を見れば分かります。実際に私はさっきの時間かなり必死でした。熱量の強いレッスン生の皆さんの想いを受け止めて、良いモノにして跳ね返す指導ですから、もうクタクタです。

 先ほどの時間の皆さんは、いつも今日のレッスンのような想いの強さで、日々練習すれば必ず上達します。ある意味、熱量が強いという事は「本気」という事です。熱量が強くないという事は、お湯は沸騰しません。

 100度以上の熱量があれば素早く沸騰するところが、20、30度の熱量では時間がかかってもお湯は沸かない。ここがポイントだと思います。ある程度「勢い」をつけて100度に沸騰させることが、壁を破るポイントです。