· 

フォロースルーで左肘の使い方【動画解説】

 今回の動画レッスンは3分15秒からが3分50秒までがとても重要です。私の指導の基礎となる部分です。シングルハンデを目指す方にとっては必須です。

 「左腕」の片手でスイング練習する時も、クラブは腕力で動かすのではなく、身体全体でクラブを動かすと考えた方がいいでしょう。今回の動画で言えば「下半身と上半身がメインエンジン」で「左腕は伝達装置」です。腕の力をスイングのメインエンジンにしようとすると、肘や手首を痛めやすくなります。

 ※練習の注意ポイント※練習の最初は短いクラブと小さなスイングで始めてください。ドライバーなどの長いクラブで大きなスイングの練習をする時は「両手でスイング」の練習をしてください。左腕だけでスイングすると、フォロースルーでのスイングの弧がかなり大ききなり、小さい打席の練習場では後ろの打席までクラブヘッドが入り込む可能性があり大変危険です。ご注意ください。宜しくお願い致します。

 ゆっくりとしたスピードで練習すれば、身体でクラブを動かす感覚をつかめる練習方法です。無理をせずに動画を参考に練習してください。