【ゴルフ】オーバースイングの問題点を考える①

 オーバースイングになって良いことは一つもありません。オーバースイングになる原因は「ゴルフスイング習得の一歩目にある」と思います。ゴルフを始めた最初に「どんな指導を受けたか?」もしくは「どの様なスイングイメージを想像していたのか?」で貴方の未来が作られると言っても過言ではありません。

 

 私が子供の頃から現在も続いている指導法の一つに「遠心力を使って大きなスイングでボールを飛ばす」がありますが、この言葉を使って出来上がるものが「オーバースイング」です。「遠心力を使って大きなスイングでボールを飛ばす」という言葉は肯定的なスイングイメージを掻き立てますが、実際にその言葉通りにスイング動作すると「肯定的なスイングイメージとは若干違ったスイングが出現する(大体の場合、ダウンスイングで違いが顕在化する)」と私は考えます。

 若干違ったスイングは、上達して来た時に「実はそれが若干の違いではなかった」と気付く時が来ます。それは「そこそこ上達した時」なのです。そこそこ上達した時だからこそ修正するのが大変なのです。だからこそ最初の指導が重要となるのです。

 

【ゴルフ】オーバースイングの問題点②に続きます。