· 

「良い事が一つも無い」それがオーバースイング

 オーバースイングになって良いことは一つもありません。オーバースイングになる原因は「最初」にあると私は思います。「最初」とは「ゴルフを始めた最初のスイングイメージ」です。何故なら私が「超オーバースイング」だったからです。私のオーバースイングになった原因は「最初に作った(作られた)スイングイメージ」が悪かったからです。

 「遠心力を使って大きなスイングでボールを飛ばす」私はこの言葉を全く使いません。この言葉を使って出来上がるものが「オーバースイング」です。

 「テークバックで左腕(左肘)を伸ばして、左腕でクラブを動かす」左腕メインのゴルフスイングです。この言葉を使って出来上がるものは「残酷な結果」です。

 今でもこの二つの言葉を使ってゴルフスイングをしている人はたくさんいます。そしてこのスイングイメージで指導をしている人もいらっしゃいます。敢えて否定はしません。最初に教育された通りに私もその言葉とスイングイメージを忠実に実行してきたからです。しかし今の私は二度とそのクラブの動かし方はしません。この動きをするならゴルフを辞めた方がマシだと言えるくらい残念な思い出です。

 私自身最初(子供の時)につけた癖は今でも完全には消えません。最初が如何に大切かを私は自分のゴルフ人生で嫌という程経験しました。「それもまた人生」と指導者となった今では言えますが、それと同時にとても勿体無く感じます。