· 

【ゴルフ】上から打つには「クラブを下げない」

 今日のブログは垂木プロの考えるゴルフスイング について紐解きます。今日は「小さい振り幅のスイング」です。小さい振り幅のスイングでも「上から打つ感覚」を持つことは重要です。その上から打つ感覚を出すようにする為には「”上から打とう”とし過ぎないことで、上から打つ感覚が出ることがある」ということに鍛錬を積み重ねていくことで気付かなければなりません。

 私が指導中にお伝えしている言葉「クラブを下げない」「右手が常に左手の上にある」これらの言葉とよく似た意味が込められています。「ボールを打ちにいかない(スイング中にクラブヘッドを意図的にボールに当てにいかない)」この言葉の意味とも似ています。スイング中にボールの位置とクラブが通過するところが乖離している感覚になります。これでは真面に当たる気がしません。だからこそ「これでどうやって打つの?」となってしまいます。しかし当たるんです。しかもこれまでに味わったことがないようなインパクトの感覚が味わえるはずです。皆さん「不思議」と仰います。

 

 ここからは独り言です。

 「上から打つ感覚はあるが、クラブは下げない」自分で言ってても「普通じゃない」ことがよく分かります。自分一人の心にそっと仕舞い込んで、普通の指導をしておけば悩みが少なく胃も痛くなることはなかったのでしょうか?何故こんなに厳しい方の道に私は進んでしまったのでしょうか?その疑問の答えは「厳しい方に進んだからこそ大切な人に逢えたのでしょう」でした。レッスン生の上達が支えとなって突き動かされているようです。下の動画二つは同じスイング動作で打たれてます。