· 

【ゴルフ】フラミンゴ打法のメリット

 今回の動画レッスンを最後のショットだけ見てしまうと素人さんが教えているのかと勘違いされそうですが、実はめちゃくちゃ考えられています。first lessonでは、ダウンスイングで「体の正面にクラブを下ろす練習」をしています。この練習が今回の動画レッスン「4スイング」の中で一番難しいと私は考えます。second lessonはfrist lessonのクラブの動かし方に身体の横動作を加えます。second lessonでのスイングは若干クラブが遠回りをしますがthird lessonのスイングは「より理想的なクラブの動き」をしています。finished formでは、常に身体の正面(中央)でクラブを動かすことが出来るようになっています。(クラブヘッドの軌道が綺麗に見えます。)

 この指導の本当の狙いは「クラブを振らない(動かさない)でスイングする」ということを体感することです。このスイングが完成してくるとダウンスイングから「クラブを振っている」という感覚が少なくなるはずです。ここが「ゆっくりスイングしてボールを飛ばす」ポイントの一つです。

 

 【余談】フラミンゴ打法といえば、王貞治さんと大豊泰昭さんのイメージが強いのではないでしょうか。テークバックで足を高く上げているところに目が行きやすく「体重移動を多く使ったスイング」に感じると思います。それも間違いではないでしょうが最大のメリットとは「スイング中に両肩の高さをキープし易い」ことではないでしょうか。両肩の高さが入れ替わらずにスイング出来ると「自然と(勝手に)しっかりとした体重移動」が出来てきます。私はこれが凄いメリットに感じます。私はスイング中に力むとダウンスイングから左肩が上がる癖がずっと抜けなくて困っていました。それを修正するには最高の練習方法だと思います。この練習はレッスン生の皆さんに最初にしていただく「左に打つ練習」に通ずるところがあります。