垂木プロのスイング理論(アーカイブ)

 私が学生の時に友人から教えてもらった言葉は今でも忘れていない。その友人とは今でも付き合いがあるプロゴルファーだ。彼はドライバーで常時300ヤードをゆうに超えるロングヒッターだ。当時彼は9番アイアンで私の6番アイアン以上の距離が出せていた。ある日の夕方のラウンド中に私は彼に「なぜそんなに飛ぶの?」と聞いた。その答えが「ボールは強く打てば打つほど曲がらない。」だった。  その当時私のハンデキャップは「1」でしたが、この言葉の意味が全く分かりませんでした。この言葉の意味が分かったのは、それから10年以上経った後「交通事故に遭ってから」だった。怪我を負った自分の体でもゴルフを続けるために、子供の頃から続けてきたゴルフの考え方とスイングの全てを変えたときに「その言葉が持つ」意味を知った。それまでは私はずっと「強く打てばボールは曲がる」と思ってました。だからショットを打つのが怖かったんだ。「ボールが何処に飛ぶか分からない」という恐怖心は「打ち方が分からない」につながり「普通に打つことが出来ていたショット」をも狂わす。恐怖心を少しでも克服するために「毎日ボールを打ち続けてきた」が抜本的な解決方法は無かった。  転機となったのは交通事故だったが、私はゴルフを始めた時から持ち続けていた「恐れ」を克服することが出来た。その内容が添付しているこの動画だ。 【ゴルフ】ユニークなテークバックレッスン PPAP編  「テークバックの右股関節と右肘の使い方」が動画のポイントだ。  人生の3分の1の時間を使って克服してきたものが「ショットを打つ時の恐怖心」ということを通して感じることは「教育が極めて大切である」ということだ。私が子供の頃に私の様な指導者がいれば、、、、と思う。
 私の大好きな動画です。この動画に出ている白バイ隊員さん「大型バイク」を自分の手足のように扱っています!しかもテクニックを説明しながら運転しています。「流暢にお話ししながら違う動作をする技術」に凄さを感じます。私も説明(話)しながらボールを打つ技術を持っているので何となく分かるのですが、説明している時には、動作の事など全く考えてない筈です。動作に意識がいくと、まともに喋ることなど出来ません。多分この白バイ隊員さんもバイクを動かす事より「話す内容」のことを考えている筈です。  話が逸れましたが、今回の動画で「道具を使うこと(バイクとクラブ)」に共通する内容部分があります。動画1分30秒からの白バイ隊員さんのご説明がそうです。「オートバイとは早く走るだけが能ではありません。ゆっくりとした速度の時にいかに操れるか。それが大切なんです。」「速度を出す練習はしないでいいです。ゆっくりの時にいかに上手にオートバイを操れるかを練習してください。」この内容は私のゴルフ指導と同じではないですか!「ゆっくりスイングしてください。」「クラブは早く振らなくていいですよ。」  ゆっくりとスイングするときに、その人の真の技量が出るのがゴルフスイングだと私は考えています。この様に考えるからこそ「年齢を重ねてもゴルフは上達する」と本気で皆さんにお伝えすることが出来るのです。そして「力が抜けた時の方がボールがよく飛ぶ」のがゴルフなのです。  バイクもゴルフクラブも道具としての考え方は同じだと思います。道具を使うのに焦りは禁物です。ゆっくりと丁寧に道具を使えてくるようになると、身体の力が抜けてきてゆっくりとした動作でも素早く、機敏に見えるのです。これがカッコ良くそしてお品良く道具を操る秘訣ではないでしょうか。
 ミート率を高める練習はハーフスイングでの練習が最適です。70台のスコアを目指し、その技量を維持するならハーフスイングでフックとスライスの両方を打つ練習を長期に渡って続けていく忍耐力が必要です。...
 今回の個人レッスンは「出会って3年目」の方のレッスンでした。「桃栗三年柿八年」と言いますが、今日の指導も大きな変化のきっかけとなるご指導が出来たと確信しています。「3年続けてきたからこそ気付いた変化」だと思います。何に気付いたか?それはバッティングのようにゴルフスイングすることです。3年続けてきたからこそ辿り着いた現状の答えだと確信します。野球スイングのようにボールを打てと言っても「簡単に出来るモノ」ではありません。なぜ「簡単に出来ないか?」の理由は沢山あります。「野球と違ってゴルフはボールが地面にある」「野球の道具(バット)は握った延長線上に芯があるが、ゴルフクラブはグリップ(握った延長線上)に芯はない」等、沢山の違いはありますが、その違いは「ゴルフクラブが吸収(クラブの仕事)すること」でスイング動作自体は「ゴルフと野球は似ている」と私は言いきれます。スイング動作に大きな違いがあると感じるなら、それは「違いを吸収しきれないクラブを使っている」かも知れませんし、そもそも「そんなスイングはあり得ない」と思い込んでいるかも知れません。  私自身のスイング及び指導内容を「昔から受け継がれている一般的なゴルフスイング」から「垂木プロの身体に優しいゴルフスイング」に大きく変えてから「真理から一番遠いような答えが、意外と真理に近い」と感じます。だからこそ「そんなスイングはあり得ない」と思い込んでしまうのだと思います。今日のレッスンでは「レッスン生の中で何か重要なモノが繋がった」と感じました。その気づきを「コペルニクス的転回」と仰られたことが私的にはとても嬉しかったです。  今回のブログに同時に掲載させて頂いたレッスン動画がコペルニクス的転回のお手伝いが出来る動画になっております。
 垂木プロゴルフチャンネルの視聴者さんから、動画へのコメントを頂きました。素晴らしいコメントだと感じました。ブログにて「頂いたコメント」及び「私のお返事」をご紹介させて頂きます。 【頂いたコメント】 新感覚のイメージですごく参考になりました 右手が上のスイングということですが 軌道はアウトインになっていますか?...
 このレッスン動画の中で最重要ポイントは左手の握り方です。アドレス時に左手首が大きめに背屈したグリップの握り方はオススメ出来ません。左手首に出来た捻れ(背屈)を解くためにテークバックがスタートしてすぐに背中側にクラブが回っていこうとします。...
 今日のレッスンはこの動画の内容をそのままをご指導させていただきました。...
 この動画レッスンのテークバックは奇を衒ってやっていることではありません。この練習のメリットは①どんなテークバックのスタイルよりも正確にクラブを身体の正面に上げれます。②両手首のコックも(必要な角度を必要な分だけ)うまく作れます。③左腕の全関節がうまく使えます。まだまだこのテークバックの練習にはたくさんのメリットがあります。私はこのテークバックを「神主打法のテークバック」と命名しました。  神主打法のテークバックの最大のメリットは「身体の正面でクラブを使える」ことです。このテークバックのメリットはダウンスイングにも生かされます。ダウンスイングでも身体の正面でクラブが使いやすくなるのです。(身体の正面でクラブを使うダウンスイングを「前倒しのダウンスイング」と呼んでいます。)「神主打法テークバック」と「前倒しのダウンスイング」をセットで習得すると全く新しい感覚のゴルフスイングが習得出来るでしょう。  特に「クラブは横に振る物だ」という固定概念でゴルフスイングが難しく感じている人や「縦にクラブを使いたいけど、イマイチやり方が分からない」そんな人にとっては「神主打法のテークバック」は目から鱗のゴルフレッスンになるはずです。
 私が10代の頃、ゴルフの上達に手間取ったのにはいくつかの理由がある。その一つが「まっすぐ飛ぶボールを打とう」とし過ぎたことだ。もう少し細かくお伝えすると、真っ直ぐ飛ぶボール以外は全てミスだと考えていたのだ。このように考えるとインパクトでボールに対してフェースを真っ直ぐ当てようとしてしまう。この考え方が実は大問題だった。その解決策を自分の中で出すのに20年以上もかかってしまった。気付かなければ進歩成長は遅くなる。私自身、「真っ直ぐ当たらなきゃOBしちゃう。」そう考えていた。そして真っ直ぐ当てる練習に時間を割いた。真っ直ぐあてにいく練習で起こりやすいミスはインパクトで両手首が伸びきったような形になりやすいことだ。こうなるインパクトで体は伸び上がってしまう。このミスを多くの人はヘッドアップという。私はヘッドアップとは言わずにクラブを下げることがミスだと伝える。細かい話になってしまったが、このミスはシャンクと同等かそれ以上の重症のミスだ。このミスを良くするのには根気がいる。何年も月日を重ねた時に「真っ直ぐ打つことが難しい」ことに私は気付いた。そこから私は敢えてボールを曲げる練習に取り組んだ。今回のレッスン動画もそうだ。敢えてボールを曲げる練習をして頂いている。  ゴルフとは不思議なもので「真っ直ぐなボールを打つことが正解」のような気がする。それは今まで「答えがあってそれを覚える」という教育を受けてきたからなのかもしれない。この教育方法は優れている点と改善点があると思う。しかし学校で一人一人に合わせた教育をしていたら予算がいくらあっても足りないのかもしれない。「先生は大変である」そう思う。またまた話が脱線したが、私が言えることは「真っ直ぐ打てるスイング」を覚えることは時間がかかるということだ。「ボールにフェースを真っ直ぐ当てようとした」ことで私は上達に時間がかかり過ぎた。指導者となった今はそれで良かったと思う。時間をかけたからこそ今の自分の答えを見つけたのだから。
 ダウンスイングの最初に「ヘッドが降りてくるのを待つ」これが出来ればナイスショットの出る確率が上がります。「飛ばそう」とか「思いっきり打ってやろう」「強く打とう」などの気持ちが心の中にある時は「待てないでしょう」と言うよりも「ヘッドが降りてくるのを待つ」こと自体が忘却の彼方にいってしまっているかもしれません。一頻りおもっきりスイングして何発かミスった後に「そうやった」と思い出すのです。これは私を含めてゴルフの鍛錬を一生懸命やっている人は経験しているのではないでしょうか?  ここからが私の考えるスイング技術です。「ヘッドが降りてくるのを待つ」ことが「タメが効いたスイング」が出来るかどうかのカギになります。私は「タメが効いたスイングの「タメ」は自分で意図的に作ろうとするのではなく、自然発生的に出来上がるもの」だと考えます。タメを自然発生させる要因が「待つ」ことです。スイング技術向上にとても重要なポイントです。

さらに表示する