垂木プロのパッティングレッスン

 このレッスン動画ですが作成した当時から現在に至るまで私の指導法は変わってません。...
 パッティングを野球に例えると守り(守備)でショットは攻撃です。攻撃で野手が10点とってもピッチャーが打ち込まれて11点取られれば野球は負けです。攻撃のリズムを作るのは守備とよく言われます。ラウンドのリズムを作るのはパッティングだと私は考えています。...
 上級者を悩ますのがパッティングです。初級者が悩まないのがパッティングです。私は子供の頃からパッティングをとても複雑に考えてました。パッティングが本当に苦手で悩んでました。でも今は悩んでません。今となっては「悩む事が悪いことではない、悩むなら徹底的に悩んだ方がいい」と考えています。悩んで悩んで悩み抜いて、出来るようになった技術こそ「本当の技術」ではないでしょうか。パッティングという悩みを解決する為の時間をかけた稽古の本当の価値は「技」を鍛えることより、「心」を鍛えることなのかもしれません。「心・技・体」 ゴルフの上達とはこの全てを満たしていくことで、簡単なことではないと思います。
 パッティングこそしっかりとしたインパクトが必要だと私は考えます。緩みのないインパクトが出来るようになる事で距離感がよくなるのです。
 パッティングは悩むとやはり難しいですね。私はホーチミンでパッティングの距離感に悩みました。ホーチミンのゴルフ場のグリーンはそれぞれに特徴があります。芝生の葉が長くなってるので、見た目が重そうで日本の感覚で強く打ってしまいます。しかし実は重くなかったりします。...
 東京からラウンドレッスンにお越しいただきありがとうございます。パッティングのご質問にお答えさせていただきます。パッティングの上達には30cmの距離を百発百中でカップイン出来るようになって下さい。これは日頃の練習が必要です。毎日練習してると出来るようになります。練習を怠ると出来なくなります。ゴルフはゲームです。どんなゲームでも最後のツメが甘い人が負けます。上級者ほどカップに近づく程に気合いを入れて来るものです。
 何故私は昔パターに悩んでいたのか、、、それは「考えるとパッティングを難しくしてしまう」こと考えていたからです。当時の私は「出来るだけ綺麗な円弧の振り子運動をしよう」としていたのです。振り子運動でまっすぐテークバックしてまっすぐフォローを出そうとしていました。...
 皆さん、パッティングに悩んだことはありますか?私は何年か前までは悩んでました。どのぐらい悩んだか、、、とても、めちゃくちゃ、凄く、悩んでました。何故悩むか、それはゴルフがゲームとしては、パッティングが最後の詰めの部分だからです。どんなゲームでも最後の最後で上がれない人が負けです。スポーツとしてゴルフの醍醐味は、フルショットにあると思います。しかし、ゲームとしてのゴルフは、アプローチ、パター、、、取り分けショートパットにあると思います。ゲームとしてのゴルフでその詰めの部分が甘かったからです。悩みの解決に長尺パターも出動させてました。  今は悩んでません。では何故私は昔悩んでいたのか、、、それは余分なことを考えていたからです。当時どんな事を考えていたか次回のブログで紹介します。
 前回のブログで「パッティングの打ち方のインパクトイメージがショットの打ち方のインパクトイメージとリンクします。」とお伝えしました。前回の動画と今回の動画を見比べてると分かり易いでしょう。打っている人も使っているクラブも違いますが、インパクトイメージは同じはずです。共通していることは「インパクトで良い音」が出てます。...
 ショットの基本はパッティングです。パッティングの打ち方がフルスイングの打ち方にも影響を及ぼします。具体的に申しますと、パッティングの打ち方のインパクトイメージがショットの打ち方のインパクトイメージとリンクします。インパクトのイメージは使用しているパターの影響がとても大きくあります。手にしているパターがそのプレーヤーのインパクトイメージを作ると言っても過言ではありません。  パター選びはとても重要です。本当に良いパターを手にしたら、他のクラブのスイングにも良い影響を与えます。

さらに表示する