【ゴルフ】インパクトはアドレスの再現ではない

 私がアドレスとボールの位置を考える時に、前提条件にしている事は、「インパクトはアドレスの再現ではない」もしくは「アドレスの形でインパクトしてない」を前提条件にしています。この前提条件を理解することが出来るとスイングイメージは飛躍的に向上すると思います。分かりにくい話になりますのでヒントをプレゼントします。インパクトで「アドレスの形でボールを捉えよう」とすればするほど右肩が下がったインパクトになるはずです。

  レッスン中にこの前提条件でスイングして頂くと、レッスン生の皆さん一様に「変な感じ」とか「おかしい」と仰います。しかしそのスイングを動画を取ってチェックすると、皆さんの理想である「アドレスの再現のようなインパクト」をしていることがよく分かります。しかも何故かボールはまっすぐ飛んでいきます。そこで一言...「よく分かりません。」

  色々な方をご指導させていただき思うことは、ボールの位置を身体の中心に寄せてインパクトをむかえようとしている人ほど

「アドレスの形がインパクトの形」だとイメージしている傾向が強いように感じます。若しくは「クラブが自分に合っていない」ことが多々あります。

ライ角、ロフト角調整で大切な事。その①

私のクラブへの想いを少し書きます。

ライ角、ロフト角調整をする時に大切なことはとてもたくさんありますが、私はスイングした時のクラブの動き方(正しいクラブの動かし方を)を理解し、人間とクラブの動きをイメージしてクラブを調整することがとても大切だと思います。

数字を合わせる事も大事だとは思いますが、数値では測れない調整(調整する者の意図)が入ってる調整が非常に大切だと思います。

「ゴルフとダイエット」共通する難しいこととは。

皆さん、こんにちは。

今日は、私の考えるゴルフの難しさの一つを書きます。

それは、、、

上達してきたレベル(腕前)を維持することが、もっとも難しい事だと私は思います。

人それぞれの目標は違うと思います。

100切りが目標の人、シングルハンデが目標の人、色々な人がいるでしょう。

その目標が達成された時はとても嬉しいでしょう。頑張って努力をされた人ほど満足感を得られると思います。

でも私はそこからが、自分が試される時だと思います。

今のそのレベルを維持する事がとても難しいのです。

私が思うには、今までの努力の一歩前の努力をすると、また次のステージへのチャレンジが出来て、さらに上達していかれる事だと思いますが、今まで通りか、それ以下の努力では、なかなか上がったレベルの維持は難しいと思います。

それは人間の持つ恒常性がはたらくのでしょう。

ダイエットにも同じことがいえるでしょう。

この考え方は色々な物事に置き換えることが出来ると思います。

寒い日もラウンドレッスン

花の木ゴルフクラブにてラウンドレッスンをさせて頂きました。

今日のラウンドレッスンで自分の大切な人と一緒にプレー出来る事ってとても幸せな事だとつくづく感じました。

今日のラウンドレッスンで私はお客様から、とても大切に思われてるんだなととても感じました。それはとても嬉しい事ですし、有難いことです。私もそのお客様がとても大切です。

私の前衛的な(人によっては古典的な)レッスンにも、真剣に取り組んで頂いておられ、少しづつ上達されて来られました。

私はお客様の上達を今までも、そしてこれからも見守り続けたいと思います。そして愛を持ってレッスンを続けて行きたいと思います。大切な人と楽しくお仕事出来ている私はとても幸せです。

 

ラウンドレッスン

2017年の初レッスンは、花の木ゴルフクラブでのラウンドレッスンです。

今回のブログはラウンドレッスンにご参加頂いたお客様への想いを少し書きます。

今回のラウンドレッスンにご参加頂いた方は、当方のオリジナルレッスンで、練習場とゴルフコースの両方にてご指導させて頂いてる方です。

今回のラウンドレッスンを通して思った事は、私の想像以上に上達されていたことです。

何が上達されていたか。

それはクラブの使い方のイメージです。

私の頭の中にあるスイングのイメージと、その方のイメージするスイングが一致してきていました。そして脳内にあるイメージと実際のスイング中での身体とクラブの動きもそのイメージと一致してきていました。

このイメージを脳内に描く事は、とても難しかったことだと思います。そしてそのイメージを使って自分の身体を動かすとなると余計に難しかったはずです。

ここまで出来るようになってきたということは、今後もっともっとゴルフが楽しくなることでしょう。

これからも楽しく上達していけるようにレッスンをしていきたいと思います。


明けましておめでとうございます。

2017年です。

皆様のお陰で私は今年も元気にスタート出来ました。

皆様のご多幸とご繁栄をご祈念申し上げます。

 

私自身、今年も一歩ずつ成長を続けて行きたいと思っております。

 

さて、私の今年の目標は「強気」です。人に対して高圧的になるという意味ではなく、弱気になりやすい自分に対して強気になれと言い聞かせようと思っております。意味がないかもしれませんが、口癖の一つにしようと思っております。

皆さんの今年の目標はなんですか?

近くて長い距離、1ヤード

今日のレッスンで特別にパターレッスンをさせて頂きました。

レッスン中にご指導させて頂いた内容を少し紹介します。因みにレッスンの内容はそれぞれ皆さん違います。

今日のレッスンではクラブ一本分の距離をしっかり練習して頂きました。

この練習にはゴルフの上達に必要な要素がたくさんあります。

練習方法の一つですが、カップに届くギリギリまでのタッチでカップインを狙う練習と、ラインを消して強気でカップインを狙う練習を交互にして下さい。二つの練習方法ですが、感覚を研ぎ澄ます練習です。

ここで必要な事が自分を知ることです。思い出してみてください。貴方はコースラウンド中の1メートルの返しのパットでどちらを使いますか。

ギリギリの距離で狙い過ぎて1メートルのパターでショートしてませんか?

もしくは強気に打ち過ぎて2メートル転がってませんか?

それぞれ皆さんミスの仕方にも違いがあると思います。自分のミスの傾向を思い出して、そのミスの反対の感覚で練習してみてはいかがでしょうか?

コースレッスン


今日のラウンドレッスンは笹平カントリー俱楽部でさせて頂きました。

女性のレッスン生お二人と楽しくラウンドレッスン出来ました。

40代と70代のお客様でしたが、お二人とも少しずつボールが飛ぶようになってらっしゃって、今となってはかなりボールが飛んでました。飛距離を出すために「力まず」、「リラックスして」、「ゆっくりしたタイミング」で最後までスイングすることが出来てきたと思います。

ラウンドレッスン終了後の反省会でお話しさせて頂いた事が、パターについてです。

レッスンにお越しのお客様が上達するにつれて、必須となることがパターの練習です。理由は多くありますが一つ紹介すると、パターのストロークの仕方(肘の動き等)はそのままスイングにつながります。つまりショットを良くする為にパターの練習が必要となってくるのでパターの練習に多めの時間を割いて頂きたいということをお伝えしました。

コースでのバンカーレッスン

今日は笹平カントリー倶楽部にてコースレッスンをさせて頂きました。コースでは色々なショットの練習をして頂きましたが、今回のブログには練習して頂いた、バンカーショットについてupしてみたいと思います。

グリーンサイドのガードバンカーからのバンカーショットは通常サンドウェッジを使われると思いますが、今回のコースレッスンではサンドウエッジを使用せず、ミドルアイアンでショットを打って頂きました。このバンカーショットですが、レッスンをご受講頂いたお客様には「慣れるとメチャ簡単」と好評でした。

私のレッスンではどんなショットでもまず転がし寄せる練習から初めて頂きます。また皆様とコースレッスン出来る事を楽しみにしております。


バンカーショットの練習をしよう

バンカーのレッスンに使用していたボールが割れました。

昔の糸巻きボールは割れる事が珍しくなかったですが、今時のボールが割れるのは珍しいと思います。ボールが割れるまで練習に使い続けられる事はなかなか珍しいですが、ボールが擦り切れて割れてしまうまでバンカーの練習をすれば、必ずバンカーショットは上手くなると思います。

バンカーの練習はゴルフスイングを良くする為にはとてもいい練習になります。私のレッスンでは一般的なレッスン方法と少し違う視点からバンカー練習をご指導してます。

またバンカーショットの細かい事もブログに書いて参ります。

 

 

 

フェアウェイウッドを味方につける。

フォレストみずなみカントリークラブにてラウンドレッスンをさせていただきました。

スタート前には小雨でしたが、スタートする時にはばっちりの天候になりました。

 

今日のラウンドレッスンでは、グリーン周りからのショートゲームとフェアウェイウッドをメインにレッスンさせて頂きました。

女性ゴルファーやご高齢のゴルファーの方には、特にフェアウェイウッドを味方につけて頂く必要があります。

味方につける為にはまず練習が必須で、色々な方法があります。

フェアウェイウッドの上達には、アドレスやグリップの確認はもちろんですが、クラブのフェース面でボールをきちんと打てているかの確認も必要です。

単純なことですが、ここからがレッスンのスタートです。

「コロコロ転がる」ランニングアプローチ

山岡カントリークラブにてラウンドレッスンをさせて頂きました。

 

スタート前にアプローチとバンカーショットのレッスンをしっかりおこなってからラウンドをスタート。身体が柔らかくなってからのラウンドレッスン中にお客様が開眼された事を少し書きます。

 

お客様のお一人の方がグリーン周りからのアプローチでアプローチウエッジを使ってらっしゃいました。アプローチウエッジを使う事自体が悪い事ではありませんが、今回は、出来れば転がして寄せて頂く様にと、アドバイスさせていただきました。アドバイスの趣旨は「コロコロ寄せる」です。専門的にお話しするとキャリーとランの比率です。キャリーする距離が多くなればあまりランしません。逆にキャリーする距離を減らし、イメージ的にはコロコロコロコロコロコロ、コロ、コロ、コロ、、コロ、、、コロ、、、、コロ位でしょうか。出来るだけコロコロの時間を多くするということです。練習して慣れてくるとイメージしたコロコロと実際に打ってのコロコロ感が合ってきます。感覚的なレッスンですが、ゴルフ場でのラウンドレッスンでは非常に分かり易かったようです。

 

【ゴルフスイング】ヘッドを走らす?

「ヘッドを走らせろ。」

ゴルフを長くされている方は一度は聞いたことがあると思います。

 

私は「ヘッドを走らせろ」とか「ヘッドを走らす」とは考えてません。

レッスン中もこの言葉はなるべく使わないようにしてます。

「ボールに向かってヘッドを走らそう」とすると余計に上手くいかなくなるからです。

言葉遊びと脳内のイメージの抽象的な話ですが、私にはこれがかなり重要だと思います。

欲望は無限大

品川カントリークラブにてラウンドレッスン会を開催しました。

突然の開催でしたが、たくさんのお客様にお集まりいただきました。

今回のラウンドレッスン会の意図はコースでレッスン中のようなスイング出来ているかを確認させて頂きました。

やはりゴルフコースでは、練習場のようにスイングすることは難しいようです。

 

 

女性のお客様に今日のレッスンで気付かれた事を教えていただきました。

「欲張らない」

ゴルフは欲張らないことが大切。

 

・・・それは私にはまだ難しいです。

 

大事の思案は軽くすべし。小事の思案は重くすべし。

本日は品川カントリークラブでラウンドレッスンをさせて頂きました。

今日のお客様の課題はアプローチでしたが、アプローチの感覚が向上してくると、パターも感じがよくなってこられました。

今日のラウンドレッスン中にお客様にお話しさせて頂いた事を少しだけ書きます。

パターやランニングアプローチの様な小さなスイングほど「インパクトの思案は重くすべ。」

ドライバーショットなどの強烈なインパクトが発生するスイングほど「インパクトの思案は軽くすべし。」


ラウンドレッスン


今日は新陽カントリークラブにてラウンドレッスンをさせていただきました。

男性のお客様がラウンドレッスン中に気付かれた事が、ドライバーショットでの飛距離でした。

「よく飛ぶようになってる」とのことです。

レッスン中に練習場では、160ヤードの看板にキャーリーしているのが、コースレッスンでは、230ヤードの杭までしっかり飛んでいました。

この現象には理由があります。

この理由をしっかり理解していないと・・・

練習場レッスンではこの理由のお話をもれなくさせて頂きますが、コースレッスンで理由をお話ししながら、実証ができたので大満足とのことでした。

私もすごく楽しいラウンドレッスンが出来たことに大満足でした。

ジャパンゴルフフェア2016

東京ビックサイトで開催されている、ジャパンゴルフフェアに行ってきました。

私は土曜日に参加させて頂いたのですが、凄い盛り上がりでした。

ゴルフがメチャ好きな私にとって、まさに「夢の国」でした。

どの会社のブースもとても面白く、もっとゆっくり時間をかけて見たい所ばかりでした。

私が立ち寄った所で、ゴルフ場&地域観光、物産コーナーでは、特に福島(白河)コーナーは良かったですよ!

福島弁で話しかけて頂いたので、日頃、名古屋弁と三河弁に囲まれてる僕には凄く新鮮でした。

日頃行けない所を知れて、お土産も買えました。

インドネシアのコーナーを見ながら、レッスン生の方とゴルフ旅行がしたいなぁと思いながら帰ってきました。

砲台グリーンへのアプローチ

今日はフォレストみずなみカントリークラブでラウンドレッスンをしました。

朝早いスタートでしたが皆さん、コースの開場前に集まる気合いの入りぶりです。スタートしてからすぐに気温が上がり始め、絶好のゴルフ日和で爽快にご自身の課題に取組みながら、ラウンドを楽しまれました。

 

今日のラウンドレッスンで、「アプローチを課題」とするお客様がいらっしゃいました。

多くの方がアプローチではウエッジでのピッチショットを基準にアプローチされていると思います。

アプローチではクラブも打ち方も色々な選択が出来ると思いますが、今回のラウンドレッスンではお客様にはランニングアプローチをおススメさせていただきました。しかもなるべく転がる時間が長いクラブを選択しました。日頃のラウンドではサンドウエッジやアプローチウエッジをお使いのようで、最初は発想やイメージを変えることに手こずりましたが慣れると、とても上手にアプローチショットが出来るようになられてました。

また、特に砲台グリーンへのアプローチに有効だと気付いていらっしゃいました。

コースレッスンでは、練習場では出来ないレッスンが出来るのでとても楽しいですね。また皆さんでご一緒しましょうね。

 

 


ラウンドレッスン

今日は、新陽カントリー倶楽部でコースレッスンでした。

コースレッスンでなければ出来ない内容が盛りだくさんのレッスンで、皆さん大満足とおっしゃっていただきました。

私も楽しく幸せな時間を過ごすことができました。

お越し頂いた方々、ゴルフ場関係者の皆さん、いろいろな方のご協力のおかげです。

ありがとうございました。

 

お客様が最終ホールでフェアウエイバンカーから7番ウッドでナイスショットを打たれました。フェアウェイバンカーからのショットはアイアンでショットするよりウッドでショットする方がやさしい時があります。こんなレッスンはコースでないと出来ないと感心していただきました。

僕の指導で、ボールにアドレスしたらあれこれと考えずに「ササッと打つ」という指導が大好評でした。

凄く単純な事ですが、実は深い意味があります。しかも慣れるまでは意外と難しいのです。

深い意味の一つは、一日のゲームの「流れ」です。これをコントロール出来る人が達人なんだと思います。

「流れ」を感じとる練習には、「考えて打つ」では難しいかもしれません。矛盾しているようですが、上達するには「考えて打つ」も大事ですが…何が大事なんでしょうね。

やっぱりplay  fastがステキですね。

 


練習への情熱

寒い日の練習にはゴルフへの情熱が必要です。

この寒さでレッスンに来て頂いた事に情熱を感じずにはいられません。

 

情熱に火をつける人間とは?