ボールの位置の前提条件

ゴルフクラブでゴルフボールを打つ時に、ボールをどの位置に置いてショットするかで、目標に対して意図した所に打てるかは勿論、私の中で重要にしている「身体に無理せず道具をうまく使えるか」も決まってきます。

 

私がアドレスとボールの位置を考える時に、前提条件にしている事は、「インパクトはアドレスの再現ではない。」もしくは「アドレスの形でインパクトしてない。」を前提条件にしています。

この前提条件を理解することが出来るとスイングは飛躍的に向上すると思います。

分かりにくい話になりますので、少しヒントです。

スイング中にアドレスの形でボールを捉えようとすればするほど、右肩が下がったインパクトになるはずです。

 

レッスン中にこの前提条件でスイングして頂くと最初は皆さん一様に「変な感じ」とか「おかしい」と仰います。しかしそのスイングを動画を取ってチェックすると、皆さんの理想である「アドレスの再現のようなインパクト」をしていることがよく分かります。しかも何故かボールはまっすぐ飛んでいきます。

そこで一言...よく分かりません。

 

色々な方を観察していて思うことは、ボールの位置を身体の中心に寄せてインパクトをむかえようとしている人ほど

「アドレスの形がインパクトの形」だとイメージしている傾向が強いように感じます。

 

 

 

ボールに上手く当てようとすると。

「ボールに上手く当たらないんです。」色々な所でこの言葉を聞きます。

上手くクラブの芯でボールを打ちたい気持ちはよく分かります。

 

私はゴルフを始めた頃に、ボールに上手く当てる練習を沢山しました。

今になって思うことは、「そこが間違いだったな」と思います。

何年か練習すると、ボールがクラブの芯の近くにソコソコ当たる様になります。

クラブの芯の近くに当たる様になると、次はまっすぐ打ちたくなります。

でも「それ」はなかなか解決しません。今になって思うとずっと解決しない可能性が高いです。

私は練習量で「それ」をカバーしようとしました。一日1000球!!

ボールが遠くに飛ばなかったのも「それ」が原因でした。

 

今になって分かりました。

「最初に上手くボールに当てれる練習をしたことが間違いの始まりだった」と。

上手く当てれるようになる練習をした原因は、「クラブの選び方が悪かったから」です。

 

私は、ゴルフが上達したいならまずはボールにクラブを当てに行くスイングを今すぐやめるべきだと思います。

ボールに上手く当たってることが上達しても、まっすぐ飛ばす事が出来ないからです。

最初から自分の意図した所に飛ばす為の動作を習得する練習をすれば、こんなに苦労しなくて済んだと思いますし、かなり遠回りしました。

ゴルフの指導者としては遠回りして良かったと思いますが、こんな思いは私の大切な人達には出来るだけして頂きたくはありません。

だからあえて申します。

ボールをうまく捉えられずに、当てにいく事で必死になるのは、スイングにも問題はありますが同時にクラブの選び方にも問題があるのではないかと。

 

 

 

とことん悩んで悩んで悩みの深い闇の中に嵌って、それでもゴルフが上達したい方は、是非私の作ったクラブを使ってみて下さい。

オーダーメイドクラブなのでお客様とクラブを合わせる為にも私の指導をご受講頂きますが、クラブとスイングを同時にチェンジすることで、ブレイクスルーして頂きます。最初はアイアン一本から始めてもいいでしょう。