2019年12月

2019年12月 · 2019/12/07
 指導者となってよく見えるようになったことがあります。それは「その人が日頃から練習してるかどうか」です。コツコツ練習している人は動作を見れば一瞬で分かります。「練習頻度、練習強度」さえも大体分かります。...
2019年12月 · 2019/12/07
 今回の動画レッスンにご出演いただいたレッスン生は、一年と少し前に「レフティー」に転向していただきました。【ブログ左打ち転向】レッスンにお越し頂いたその日に「それまでのゴルフからの決別」をしっかりと決めていただきました。と言ってもすぐに垂木流の指導が始まる訳ではありません。左利きに変えても「いきなり全てがマルっと変わる訳」ではありません。これまでのゴルフレッスンを別の話に例えると「前の建物を取り壊して新しい建物を建てる」に近いです。上物を取り除いてもまだ基礎の部分が残ってます。しかもそれは地中深くまで入り込んでいるのです。大きい建物ほど頑丈なのが残ってます。これはゴルフスイングと同じです。「目には見えないけど」絶対にあるのです。レフティーに変わるというのは最善の選択でした。「建物をダイナマイトで吹っ飛ばした訳です。」しかし残骸と基礎部分は残ってます。それを取り除くのにも時間がかかるのです。  2018年9月スイングの計画立案「それまでのゴルフを左打ちとしてリセット」がスタート2019年4月の動画レッスン「神主打法のゴルフレッスン」から「垂木流スイング」の本格着工です。そして12月6日今回の動画レッスンです。かなり端折ってますが、この間も色々乗り越えてきたことを私は知っています。自分の中で「反対運動」も起こりました。大変だったと思います。そして今はまだ基礎工事中です。しかしここまでくると確実に始まったと実感していただけるのではないでしょうか。(スイングは着実に良くなってきています。)  ここから先もこれまで通りコツコツ続けていくことです。ここでブレると完全に納期の延長になります。ブレが続くとその内に納期未定になります。しかしブレる気持ちもよく分かります。北海道から1ヶ月もしくは2ヶ月おきに名古屋にお越し頂いてますがその間が一人でやり続けるのは大変だと思います。特に最初が大変です。まだ何もない状態と同じです。「悩み」と「不安」があって当然です。今回のレッスンで私は成長を感じました。これまで続けてこれれたことは今回の動画レッスン4分からがポイントです。「身体の前にクラブを上げてそのまま下ろす」この練習は人間力を鍛えます。これが基礎です。そして今は次のステップに入ってきました。
2019年12月 · 2019/12/06
 12月5日のラウンドレッスンは自分にとって学びの日でした。...

2019年12月 · 2019/12/05
 パッティングは「ショットの打ち方そのもの」と私は考えています。今回のパッティング動画レッスンを極めると「私のスイング指導の何故そうなるの」が少し解明出来るかもしれません。...
2019年12月 · 2019/12/04
 12月1日のブログ【「待つ」ことも修行】の反響が大きく多くの人から心温まるメッセージをいただきました。皆さんのメッセージを読ませていただくと「俺はここでコケる訳にはいかんな」そう感じました。...
2019年12月 · 2019/12/03
 「右足寄りボールをおいて打つ技術」は低い弾道のアプローチショットを打つ時に有効です。(10ヤード以内のアプローチなどでしたら特に有効かもしれません)しかしボールの位置が右足寄りになり過ぎると「それまでとは違ったミス」が出るようになります。特に上達してきた時に「クラブフェースでボールを潰す」ような打感で、ボールを打てるようになり始めた時に注意が必要です。「もっと潰して打ちたくなる」のです。(ボールが潰れた感覚が欲しくなります。)こうなってくるとボール位置は段々と右足寄りになっていきます。右足寄りにおいて、さらに潰しにいきます。そうなってくると段々とトップオブスイングの位置からクラブが良いところに降りなくなってきます。スイングの調子を崩す要因の一つです。  こうなって調子を崩していく人を私は知っています。それは昔の自分です。右足寄りにボールを置いてしまう理由を私はたくさん知っています。私自身はクラブもかなり影響してました。他にも「そうなる」理由はたくさんとあります。  垂木流スイングの習得を目指している方は、余程の近距離(10ヤード以内)以外は右足寄りにボールを置くことはオススメしません。インパクトは詰まり気味になり易くクラブが振り抜けなくなってきます。ボールを右足寄りに置くことで気持ち的には「打ち込む準備」をしている予定なのですが、実際は「煽り打つ準備」となる可能性があるからです。  このようなミスは【垂木プロのゴルフレッスン】不調の原因と対策とも関連がある場合があります。
2019年12月 · 2019/12/02
 【「待つ」ことも修行 】のブログをご覧になられたレッスン生の方からメッセージをいただきました。【Sさん】としてご紹介させていただきます。...
2019年12月 · 2019/12/01
 私の指導者としての経験上、この動画レッスンような状態になった時は、少し大きめの「調子の下落トレンド」に入ります。それには理由があります。それは私が必死に上昇トレンド(結果を出させる)に乗せているからです。【Taruki pro golf】driver lesson [First step ]...