· 

垂木プロのゴルフスイング「イメージ編④」

 上に向かってスイングする感覚の続きです。更に分かりにくい話になりますが、大丈夫です。私が指導をすれば必ず出来ます。垂木流スイングで上に向かってスイングするためには、テークバックでは両手グリップが下がる感覚ですね。下がればクラブは上がります。まさに、テーク・バック。クラブを持って下げる。(トンチですね。)ここまでが上に向かってスイングするための準備です。これでトップオブスイングの完成です。垂木流スイングは本当にシンプルなんです。垂木流スイングはバース選手がお手本になります。テークバックらしきものが殆ど無いですね。バットを構えてから、両手の位置が下がって準備万端です。