· 

保存版①

 8月23日のブログにご質問をいただいたので、今回特別にお返事を書かせて頂きます。掻い摘んでご質問をご紹介させて頂きます。「ハンデ0になるのに練習週3回、ラウンド月3回というのは意外に少ない条件の数字でした。なぜこの数字なのでしょう。」というご質問です。ご質問のお答えを私なりに書かせて頂きます。

 根拠というより私の経験からお話しさせていただきます。私自身十代二十代の頃は毎日練習しました。それでも全く自分の思い描いたようにいかないゴルフでした。(当時はゴルフの才能があると勘違いしてました。今考えると私はコツコツ続ける才能と人との出会いの運があったようです。)ラウンドする為に中学、高校時代は自転車で20キロ以上離れたゴルフ場に通ってました。

指導は、高校時代、大学時代、社会人、プロ研修生、どの時代もそれぞれにトップクラスの有名な指導者の指導を受けておりました。指導は毎週2回以上レッスンを受けておりました。大学時代以降は指導を受けに大阪に毎週通ってました。東京も毎月通ってました。ゴルフの上達の為に必死でした。ここまですると上達すると思いませんか?

 ただこれは当時の私には「本当に必要な知識と必要のない情報を判別する能力」、「情報を受け取る自分自身の器の無さ」、「他の人と違うことをする勇気」がなかったからここまでの努力が必要だったのでしょう。今になってそう思います。しかし長く努力を続け、失敗をたくさんすることで成長しました。

 ここまで書かせていただくとなんとなく分かるかもしれませんが、週3回の練習、ラウンド月3回10年でハンデ0になることは交通事故以前の私のゴルフ知識では難しいです。もっと練習量を増やす必要があります。ゴルフの競技にもたくさん参加しなければなりません。しかし交通事故以降の私の指導は変わりました。特にゴルフクラブが全く変わったことが私のゴルフ人生の大きな転換点です。私の直接指導を頻度よく受講できるなら週3回の練習、ラウンド月3回で10年継続でハンデ0は可能でしょう。

上達する為には競技には参加する必要があります。指導を受けて最初の3年はとても大変かもしれません。今までのゴルフの知識と全く違う可能性があるからです。スイングがバラバラになるかもしれません。しかし心配ありません。全国からお越しいただくお客様で結果が出ております。皆さん揃ってかなりのペースで上達しております。上達の感覚がない状態で上達していかれます。

 レッスンをさせて頂き分かったことですが、ご自身のやり方を少しでも残そうとした人ほど上達に時間がかかる傾向にあります。私もかなり頑固でしたから気持ちはよく分かります。でも頑固な人ほど上達に時間がかかります。俎板の鯉でレッスンに来て頂く必要があります。そうすることで新しい一歩が大きな一歩に変わることでしょう。