· 

スタートの一瞬「身体の正面にクラブを下ろしていく」

 今日はこの動画そのままをご指導させていただきました。

普通のスイングではないことは重々承知しております。このスイングが上達してくれば本当に「ダウンスイングのスタートの一瞬で、身体の目の前にクラブを下ろす感覚になります。」注意しなければならないことは「ただ単純に上からボールを打つ訳ではない」ことです。習得の最初は「ただ単純に上からボールを打つ練習」をすることは有益ですが、上達してくると「右手が上の状態で」クラブが「身体の正面に降りる様にスタート」させていき、そこから左サイドに振り抜いていきます。普通に考えれば「いつボールに当たったの?」もしくは「これでどうやってボールを打つの?」になります。

 そう言った意味では「このスイングは普通じゃない」と言えます。でもそこに私は可能性を感じています。 日本よりアメリカで活躍出来る選手を育てていくことが可能だと私は考えています。韓国人の女性プロゴルファーのスイングを見れば気付かれることがあるのではないでしょうか。日本人の理想型と若干違う筈です。詳しい理由は有料メルマガの「金曜のおまけコーナー」でお話させていただきます。

 大切なお話になりますが、今このスイングタイプではなく「流し型のスイング」を習得しようとしているレッスン生の方は、そのまま今の練習を続けてください。やっている手順が違うだけです。流し型をきちんと理解すれば、新しい気付きがきちんと見えます。その時に見付けたモノが、このスイングを習得しようとする時に役立ったりするのです。だからこそ、フックとスライスを交互に練習していくのです。

 「垂木プロオリジナルクラブ」はこのスイング動作が習得し易くなります。まずは5番アイアンで練習とラウンドを楽しんでください。