2017年8月

2017年8月 · 2017/08/30
ティーショットで右サイドが崖になっていてOB、、、緊張のティーショットですね。よくあるパターンは、右のOBを気にし過ぎて左の林の中に突入。この事例はご多分に漏れず私もよくあります。...
2017年8月 · 2017/08/29
 今回の題名にもなっておりますが、上達してレベルが上がるその前に「最悪の状態」を経験して頂くことがあります。スコアで例えると90台で回れてた方が110を切れなくなったりします。これは私も同じです。たくさん経験してきましたしこれからもたくさん経験するでしょう。...
2017年8月 · 2017/08/26
身体に優しいスイングは、心にも優しいスイングになります。 垂木プロ流スイングの習得において、最初は難しく感じる方もいらっしゃいますが上達してきますとどなたでもとてもやり易くなります。 また、上達すればするほど思考が単純になるはずです。
2017年8月 · 2017/08/23
 今日はゴルフ場でのラウンドレッスンでした。遠方からレッスンにご参加頂き感謝の気持ちと同時に身が引き締まります。最近特に遠方のお客様がレッスンにご参加頂いておりますが、ご参加される方の共通点があります。 1、決断が速い。 2、情熱と意欲が凄まじい。 3、フットワークが軽い。...

2017年8月 · 2017/08/20
 垂木流の素振りとは…①では「垂木流の素振りでは芝生やマットにクラブのソールを擦らせるような素振りはしない」について書きました。今回はもう少し深く垂木流の素振りを掘り下げます。...
2017年8月 · 2017/08/12
 ある程度しっかりと鍛錬を重ねてくると、クラブをしっかり振ることが出来てきます。しかしクラブヘッドを速く振ることが出来てもボールはあまり飛びません。速く振れば振る程に前に進まず空中で止まってしまっています。...
2017年8月 · 2017/08/10
8月5日投稿させて頂きました「クラブの感想」をお客様より頂きました。抜粋して投稿させて頂きます。 「お忙しい中、クラブ改良頂きありがとうございました。  昨日少し振りましたが、こうもタイミングが取れるのかと驚愕しております。  ちょっと前までは、垂木プロの動画を拝見した際に...
2017年8月 · 2017/08/05
 私がこれに改良を加えるともっと打ちやすくなる…。ヘッドの刻印は変わらずに全く別物のクラブに変身します。凄く時間と手間がかかりますが変身します。普通はそこまで絶対にしないと思います。それに常識外れな改良ですので真似も難しいです。...

2017年8月 · 2017/08/04
 私の素振りは、クラブヘッドをティーや芝生やマットにクラブのソールを滑らせたり、擦らせる様な素振りは全く行いません。 レッスン生の方にもおすすめをしておりません。...