カテゴリ:身体に優しいゴルフスイング



2021年3月 · 2021/03/31
 この動画は2021年上半期で一番最高の動画になると思います。私が幼少期からつい最近に至るまでで習得したスイング技術がたくさん盛り込まれております。だからこそ「自分と同じ思いをしている人のお役に立てれば」という想いを込めてアップロードさせて頂きました。動画のアップロードをお許し頂いた〇〇さんには感謝しかありません。本当に有難うございます。  今回の動画の最重要レッスンポイントは、スイング中において常に右手が上になるようにスイングする為には、ダウンスイングからインパクトにかけてボールへの気持ちを一度断ち切ることが重要というところです。自分の経験からも「このレッスン内容は人によってはとても難しい指導内容になる」とお伝え出来ます。何故なら、ゴルフの上達で一番難しいメンタル的な内容が多く含まれているからです。  私はゴルフを始めた当初から30年近くダウンスイングからボールへの気持ちを断ち切る事ができませんでした。ボールへの気持ちを断ち切る事が出来ないと、どうなるか分かりますか?「ボールに向かってクラブヘッドを当てにいく(インパクトでボールを迎えにいく)ようなスイングになるのです。ゴルフを始めてから10年以上も毎日練習を続けると「自分がインパクトでボールを迎えにいっている」ことは薄々気付くのですが、どうにも良くすることが出来なかったのです。そこから更に20年近く悶々とした日々を過ごすのです。はっきり言って悲しい日々でした。私の転機となったのは2012年の交通事故でした。自分の人生の転機となる大きな衝撃を乗り越えてメンタルが強くなったのでしょうか。(「一度全てを諦めかけて、開き直った」とも言えるかもしれません)  「ダウンスイングからボールへの気持ちを一度断ち切る」を自分の技術にするには技術的な要素以上にメンタル的な要素をトレーニングしていかなければなりません。  メンタル的な要素のトレーニングはある意味で自分との戦いになります。弱い自分と相対する時に自己嫌悪に陥ることもあるかと思いますし、ゴルフが嫌になるかもしれません。でもここを越えなければ貴方のゴルフ史上、最大で最高のライバルとなる「自分」に打ち勝つことは出来ません。  私の経験で言えることは「自分を信じること」です。貴方以上に貴方を信じてくれる人はいるのですか?信じれなくなった自分を信じるしかないのです。それ以外にないと思います。「私のゴルフレッスンとは何か」を簡潔に説明すれば「貴方が自分を信じれるようになる為のお手伝い」と言えるのではないでしょうか。  自分の過去から現在に至るまで、こんな指導をしてくれる指導者は殆どいないと思います。何故なら指導内容にメンタル的な要素が強くなれば指導者側にもかなりの負担がくるからです。レッスン生の想いを受け止めるには心・技・体が揃ってないと受け止めて跳ね返すことは出来ません。毎日が本当にキツく感じる事があります。でも「そのキツさ」こそが更に自分を強くしているのです。指導者も心・技・体が重要です。更に良い指導者を目指すなら日々の生活を更に向上させていかなくてはならないと思います。 日々精進です。  この動画は私のゴルフへの想いと大切な人への感謝の気持ちを込めて作成しました。
2020年10月 · 2020/10/23
 今日も朝から全力疾走が出来ます。朝は4名様のクラブ調整及び作成、午後からはメルマガ及び動画作成、夕方からはレッスン、夜は明日のラウンドレッスンのイメージ作り、読書、ストレッチ、メッセージのお返事及びクラブ調整の時間です。沢山の方に信頼して頂きお仕事をさせていただいております。「フラフラになりながらも、何とか走り切る毎日が最高です!!ありがとうございます!!!頑張りがピークに達すると、自分が何やっているのか分からなくなる時がありますが、、、、そんな時はもう既に次に日が始まっているという毎日です(笑)」  今日のブログ内容は「グリップ交換」です。あの人のグリップ交換です。グリップ交換はとても重要です。グリップの向きを少し変えただけで、クラブの趣(おもむき)が変わります。今回のグリップ交換では、クラブヘッドが「ボールの上」を打ち易くなるように若干の「工夫」をします。こんな「工夫」を入れて調整出来るのは、スイングを一緒に作ってきたから出来る調整だと思います。  クラブヘッドで「ボールの上(垂木流で言う「ボールの上」)」を打てるようになると「楽にスイングしてボールを飛ばせる」ようになります。これは「垂木プロの身体に優しいゴルフスイング」にも通じている技術です。
2020年10月 · 2020/10/08
 大先輩(プロ)から選手権終了後、お電話を頂きました。非常に参考になる事を教えて頂いたので、お話の内容を文章で書かさせて頂きます。  選手権初日は「若干のプレッシャーからか少しボールがプッシュ気味に飛んでいた」とのお話でした。そこで2日目、朝の練習場で「垂木さんが提唱している右手が上のゴルフスイング...
2020年10月 · 2020/10/03
 今回のラウンド動画で私がスコアを縮める事が出来るところは「スタートホールの4打目(30センチ強のショートパット)」だと思う。しかし「このショートパット」が難敵だ。緊張感が加わると「全く予期せぬ結果(動作)が出る」からだ。その予期せぬ結果をたくさん経験すると、少しずつイップスになる。「また外すのではないのか」とイップスがイップスを強固にするのだ。  私は「スキル(打ち方)」と「ツール(パター)」を徹底的に分析して「自分の答え」を持っている。だから今は「昔のような手が震える」は無くなったが、それでもパッティングを打つ時はいつもドキドキしている。30CMのパターを打つ時も「絶対入る」とは思っていない。「何%かは入らない確率を秘めている」と自分に言い聞かせながらパターを打っている。そうしないと「予期せぬ結果が出た時」に自分を責め過ぎてしまうからだ。自分を責め過ぎると、プレーのリズムが悪くなり、スイング動作が重くなる。  徹底的にショートパットのスキルを磨き、それでも「自然には勝てない」と感じた時に、私の気持ちは無力感にはならずに「楽」になった。昔持っていた拘りも少し減った。そうなることで「力み」が抜けてきたのだろうか。自分のプレーを動画で確認して「少しずつ自分の理想に近づいてきた」ような気がする。
2020年9月 · 2020/09/05
 5日のレッスン後、お食事にお誘い頂いたレッスン生の方のと会話で「この年(75歳過ぎ)になっても、そこそこ飛距離を出せて還暦位の人とゴルフを張り合って楽しめるのは先生のおかげだよ」とお褒め頂きました。私は嬉しい気持ちになりましたが、同時に「まだまだ頑張れるから」と私に伝えてくれたのではないのかなと感じました。連日レッスンに通われて300球以上ボールを打たれている事や、受講される姿勢から「この方の持たれている想い」が私に伝わってきます。  そしてまた「何とかしなければならない」と私が突き動かされてます。レッスン生の想いが重いになりそうな時がありますが、「重い物を持って走ると脚力が鍛わる」と同じように「レッスン生の重いモノを持って走り切ることで私の指導力が向上している」のも事実です。  5年後にはエージシュートが可能になると思います。健康に気をつけて無理をせず(ゴルフの上達には「休養」も必要)日々の努力を続けていただきたいと思います。
2020年9月 · 2020/09/02
 ゴルフスイング は本当に不思議です。指導者となってつくづく感じます。...
2019年2月 · 2019/02/08
 今回の動画は私の作製したオリジナルクラブをラウンドレッスンを兼ねて調整するために神奈川県からお越しいただいたお客様のラウンドレッスン前日の練習場でのレッスン動画です。...
2019年2月 · 2019/02/07
 今回の動画はフェアウェイウッドが苦手な人は必見です。「何故フェアウェイウッドが苦手になったのか」、「何故フェアウェイウッドがうまく打てないのか」原因を理解することが出来て、改善点も分かると思います。この動画にミラクルヒントがあります。どこがヒントか分からない時は「初めてのゴルフ①、②、③」を10回以上繰り返し集中して動画を見てください。
2019年2月 · 2019/02/06
 「初めてのゴルフ②」今回の動画はドライバー編です。...
2019年2月 · 2019/02/03
 今回の動画のお客様は「初めてのゴルフ」です。私はレッスン中に本当にびっくりしました。指導者として「初めてのゴルフ」でここまで出来る人を見たのは初めてです。山登りやマラソンをされていることも関係してると思います。レッスン後にお聞きすると、毎月200キロは走られているそうです。だから「初めてのゴルフ」でもスイング中の身体のバランス感覚がいいのだと納得しました。ゴルフは足腰がとても重要だということが「初めてのゴルフ」のお客様を通して改めて感じることが出来ました。  余談になりますが、「初めてのゴルフ」がいかに重要かがこの動画から分かると思います。私自身最初につけた我流の癖を抜くのに15年以上かかりました。最初につけた癖はなかなか取れません。身をもって経験しました。  今となって「私の初めてのゴルフ時の指導者が今の私だったらどれだけよかったか。」と思います。

さらに表示する