· 

オリンピックを振り返って⑥【7月31日】ホブランド選手のスイングを近くで見た感想

 7月31日は【10時18分スタート】ノルウェー代表 ビクトル・ホブランド選手、スペイン代表 アドリア・アルナウス選手、フランス代表 アントワヌ・ロズネ選手のウォーキングスコアラーを担当させて頂きました。

 

 今回の3名の選手に同行して感じた事は、ビクトル・ホブランド選手はフェースを伏せて使うのが上手な選手だという事です。

 

 垂木プロ流でホブランド選手のスイングを解説すると、ダウンスイングの切り返しに「力み(腕の力み)」がなく、フェース面がボールに当たる(インパクト)まで「両胸の面が目標方向に向かない(開かない)」ことがホブランド選手のスイングの魅力です。ダウンスイングで「腰をキル(開く)」などが無いスイングなので「選手生命の長いスイング」だと感じました。

 ホブランド選手のスイングは実際に生で見ると「ダウンスイングの力感」や「クラブの使い方」に魅力が溢れていて、アマチュアの人のお手本となるスイングですが、なかなか画面越しでは「その良さ」が伝わってこないところが、ちょっと(かなり)残念に感じます。

 話が少し逸れましたが、ホブランド選手のスイングを近くで見ていて、これからの活躍が楽しみな選手だと感じました。

 

 動画(垂木プロゴルフチャンネル)にて、さらに詳しく振り返ります→垂木プロの備忘録③【男子ゴルフ】第3ラウンドの振り返り【2021年7月31日】