2021年10月

2021年10月 · 2021/10/25
 【25日のラウンドレッスンの振り返り】  雨の日のラウンドはスイングリズムが早くなります。寒い日の雨なら尚更です。  スイングのリズムが早くなると、必ずテークバックが浅くなります。「テークバックが浅くなる」を垂木プロ流に説明すると「右股関節の入りが浅くなり」です。だから色々なミスが出やすくなるのです。...
2021年10月 · 2021/10/18
 18日のラウンドレッスンの振り返り 【Iさん】両脇が閉まりすぎたアドレスが原因で、傾斜からのアプローチでミスが発生している事が分かりました。 修正するポイントは「胸から腕を生やすのではなく、肩から腕を生やしたアドレスにする」ことです。言い換えると「胸を張って、肩甲骨を少し引き寄せてアドレスする」となります。...
2021年10月 · 2021/10/17
 兵庫県の84歳の方から「最後の花を咲かせたい」「まだまだ向上したい」との思いで垂木プロオリジナルパターのご注文をいただきました。私にとっては「これまでとは違うタイプの課題」だと感じましたが、基本のコンセプトは変えずにパターを作製しようと思います。基本のコンセプトとは「パターの打ち方をそのままショットに繋げることが出来るパター」です。言い換えれば「パターを練習することでショットが良くなる」という事です。  私のラウンドレッスンを受講された事がある人なら分かると思いますが、レッスン生の皆さん意外とパターを使ってしっかりボールを打つことが出来てません。ここ(パターが打てない)を修正する事が「ラウンド中に、大きなスイング(他のショット)を壊さない秘訣になる」のです。だからパターに拘るのです。  ラウンドレッスンの合間や終了後に試打と調整を何度も繰り返して少しずつ良い感じに仕上げていきました。クラブの調整もスイングの調整も「良いところまで来た(良い感じに仕上がってきた)」と感じてからが本当の勝負です。  「やり過ぎてしまう」のです。ゴルフレッスンで言えば、力を抜いて打っている時は良かったのですが、「もう少し」と少しずつ力を入れて、最終的にやり過ぎてしまうのです。そして「さっきまで良かったのに」となってしまうのです。これはクラブの調整も全く同じです。本当に良いモノ(スイングもクラブも)を作ろうとするなら、「良い感じに仕上がってきた」ところからが頑張りどころです。  良いモノはインスタントに出来るモノではないという事です。
2021年10月 · 2021/10/16
垂木プロゴルフチャンネルの視聴者さんからコメントをいただきました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは😃 広島からです。 いつも興味深く動画観させていただいてます。 意味も分からずに見様見真似でこの練習したら、ショットが良くなりました。...
2021年10月 · 2021/10/11
 11日のラウンドレッスンの振り返り(今回のブログは結論から先に書かせて頂きます。)  100切りが達成出来たの要因は「20ヤードのアプローチ技術が上達したこと」です。次に90切りを目指すためのポイントは「40ヤードのアプローチ技術を向上すること」です。...
2021年10月 · 2021/10/09
垂木プロゴルフチャンネルの視聴者様からメッセージをいただきました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 垂木様 ご回答ありがとうございます。 承知しました。 これからも 何度もYouTubeを観て勉強させて頂き、毎週末出来る限り練習に努めたいと思います。...
2021年10月 · 2021/10/04
レッスン生からメッセージをいただきました。素敵なメッセージなので、ブログにてご紹介させていただきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 垂木プロ様 最近の状況を報告します。...
2021年10月 · 2021/10/03
 10月3日  今日は6歳の女の子と84歳の男性を同時にご指導させていただいた。レッスンの途中で「不思議な光景」を見た。「6歳の女の子のフルスイングを見て、84歳の男性のスイングが良くなっていくように見えた」のだ。...
2021年10月 · 2021/10/02
 「本当にこのアイアン、試打して買ったの?」そう思えるレッスン生のアイアンだった。...