2021年9月

2021年9月 · 2021/09/26
 今日は朝から雨が降っている。外を見ながら「こんな日のゴルフは最高だな〜」と思った。出来るならフェアウェイ全体に雨水が浮き出ている状態でプレーしたい。ナイスショットを打てる状態ではないが、こんな時のプレーが一番気付きが多いのだ。  ...
2021年9月 · 2021/09/25
【20日に個人レッスンを受講された方が、地元で1人練習される時に迷わないようにする為に今回のブログを書かせて頂きます。】  今回レッスンを初受講して頂いた方は、動画レッスンを参考にしっかりと鍛錬を積まれている事がすぐに分かりました。ただ動画では分かり難い部分で絶対に押さえておきたいポイントが上手く出来ていませんでした。...
2021年9月 · 2021/09/24
 この動画の最重要ポイントは2分15秒の「これ(ダウンスイングは)手で下ろすんじゃないですよね?」のところです...
2021年9月 · 2021/09/21
 兵庫地区のお客様より84歳のダンディーなご友人をご紹介していただきました。お会いして早々に「私プロのファンですわ!毎日動画を見ているので、初めてお会いした感じはしませんね」と言って頂き嬉しかったです。...
2021年9月 · 2021/09/15
 アイアンショットの動画が2020年11月、フェアウェイウッドでショットをしている動画が2021年8月のアップロードです。2本の動画を見比べると2020年11月には出来なかったクラブの動かし方が、2021年8月には少し出来るようになってきています。...
2021年9月 · 2021/09/14
 【9月13日のラウンドレッスンの振り返り】  「前回のラウンドレッスンから打ち方が変わっている」ラウンド前のアプローチ&バンカーレッスンで私はすぐに気が付きました。「クラブ(クラブ全体)が、常に身体の前(身体の幅の中)で動くスイング」が少しずつ出来るようになっていたのです。...
2021年9月 · 2021/09/13
 私は過去のレッスンで度々「ボールは丸いよ。だから上から打っても大丈夫だよ。」とご指導してきました。大体の人は、この言葉を「ふぅ〜ん」と聞き流してしまいます。  何故「ボールは丸い」と聞いても「ピンとこないか」を考えると、ボールは丸いということが当たり前過ぎて、丸いこと以上に意味を見出し難いからです。  ...
2021年9月 · 2021/09/09
に 8月4日はオリンピック、ゴルフ競技女子初日です。私の担当は8時3分スタート【イギリス代表】メル・リード選手【ドイツ代表】キャロライン・マッソン選手【スエーデン代表】アンナ・ノードクイスト選手 のウオーキングスコアラーを担当させて頂きました。そのお話は、垂木プロの備忘録⑤【女子ゴルフ】第1ラウンドの振り返り【2021年8月4日】にてお話しさせて頂きます。  そして今回のブログは、垂木プロゴルフチャンネルでお話ししていない内容の、レキシー・トンプソン選手のスイングを生で見て感じた事を振り返ります。早速ですが、何故レキシー・トンプソン選手を振り返るのかについての理由からお話させて頂きます。  8月4日(ゴルフ競技女子初日)の早朝、担当させて頂く3人の選手(リード選手、マッソン選手、ノードクイスト選手)の事を詳しく知る為に打球練習場で選手のスイングや球筋を確認していたところ、垂木プロ流スイングのテークバックの上げ方とメチャメチャよく似た選手が近くにいたのです。  それがレキシー・トンプソン選手だったのです。  ショートアンアンを使った時のスイングを見ると特に分かりやすいです。クラブの使い方の特徴がとても似ているのです。  レキシー・トンプソン選手は、テークバックのスタートから、フェース面をシャットにしてクラブを強く立てながらテークバックを上げていました。スイングを横からチェックすると、テークバックのスタートからクオータースイング位迄で、クラブヘットをインサイド(背中側)に上げていないはずです。(これが私の指導している「右手が上のゴルフスイング」とクラブの使い方の特徴がとても似ているのです。)「テークバックのスタートで、あそこまでクラブを立てる事が出来れば、かなり上から(ダウンブロー目)にボールを打てる」と感じました。  彼女はドライバーショットでも同じ技術を使っていました。スイングをチェックして「何故、彼女が飛ばし屋なのか」そして「ダウンスイングからフォロースルーにかけて一瞬飛び上がるような動作が入って見える理由」もよくわかりました。  飛ばし屋の理由は、「①クラブを強く立てたまま(右手が上)の状態でロフトを伏せながらのダウンスイング」「②トップオブスイングで作って右向きの状態をインパクトまで維持出来ている」「③前記①②の状態を維持して体幹の力を使ってクラブを左サイドに振り向けている」この3つを高い次元で出来ているところです。  ダウンスイングからフォロースルーにかけて一瞬飛び上がるような動作が入って見える理由は、インパクトからフォロースルーにかけて左肘がうまく抜けないからです。  テークバックからトップオブスイングで、クラブ全体が身体から離れ過ぎているのが原因です。テークバックで左腕の使い方に少し工夫を取り入れれば、その問題は修正出来るはずですが、、、、年齢を重ねた時に、フォロースルーで左サイドの抜けが悪いスイングを続けていると手首を怪我する恐れがあるので、コーチは早めに修正してあげて欲しいなと思いました。  レキシー・トンプソン選手のスイングを動画で確認すると、今回ブログで書いた内容を確認する事は難しい事がよく分かります。画面からでは、奥行きと立体感が分かり難いからです。レキシートンプソン選手のスイングは生で見れば見るほどに凄みがあります。お洋服以上に攻め重視のゴルフスイングと言えるでしょう。  私がご指導しているスイング(テークバックの上げ方)は、韓国のパク・インビ選手や中国のフォン・シャンシャン選手のスイングとリンクする部分が多くあるので、アジア人向きのスイングだと思っていましたが、まさかアメリカの選手にも同じクラブの使い方をする選手がいるとは思いもしませんでした。    今回のブログの終わりに、、、    ノードクイスト選手、全英女子オープン優勝おめでとうございます。           
2021年9月 · 2021/09/05
垂木プロゴルフチャンネルの視聴者さんから動画にコメントを頂きました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...
2021年9月 · 2021/09/04
 上記の2つの動画レッスンでポイントとなることは「ダウンスイングからクラブヘッドを下げにいかない」ということです。そこを強く意識する為に「右手が上」という言葉を使っています。...

さらに表示する