カテゴリ:思考と考察【垂木プロの考え方】



2021年2月 · 2021/02/21
 子供たちの指導をしていると、私の方が学ぶことが多い。  いつから大きな声で挨拶するのが恥ずかしくなったのだろうか、、、、、、
2021年2月 · 2021/02/13
 「外国の人にも分かりやすい(英訳しやすい)文章や動画を作っていくことを今年の目標とする」と前回のブログで書きました。私の変化のきっかけとなった方からのメッセージをご紹介させて頂きます。  プライバシーのことを考えてお名前は伏せさせて頂きます。...
2021年1月 · 2021/01/16
 今回ご出演いただいた方の今年の目標は(私が勝手に考えた目標)90を切ることです。90台の中頃のスコアから80台後半のスコアを狙うレベルの方で問題となるのは「1、2ホールで大叩きのホールを作ってしまう」ことだと思います。大叩きを減らす為には「出来るだけ苦手なクラブを無くしておく」必要があります。苦手クラブを無くす練習には今回の動画のような「力まない」を意識して「得意クラブを苦手クラブを交互に変えながら」反復練習する事が効果的です。
2021年1月 · 2021/01/07
 「ゴルフスイングは下半身が大切だ」ということが分かるスイング動画です。今回動画にご出演された方の特出しているところは下半身の強さです。75歳を超えられても衰えるところはありません。「常に上達しよう」とレッスンとラウンドに励まれております。私はいつもレッスン前に「今取り組んでいる練習課題」をお聞きしますが、いつも必ず前回の指導内容から「少し変化を取り入れた練習課題」に挑戦されているのがこの方です。よく「ゆっくりしてたらお迎えが来る」と口癖のように仰られますが、私の感覚ではこの方は「長期的な視点をお持ちになり、腰を据えたスイング技術習得が出来る人」だと感じております。  長くゴルフを続けてくると分かることがあります。その「分かること」とは目標を達成した時に分かることです。それは「ずっと遠回りをした様な気がするが、実はそれが一番の近道ではないか」ということです。だからこそ「急がば回れ」という言葉があるのではないでしょうか。「急がば回れ」という余裕が内発的に生まれてくれば「機が熟すのを待つ」ことも難しくないでしょう。  今はコロナ禍で世界中が混迷を極めていますが「40年以上前はオイルショックがあった」と人生の大先輩から聞きました。未知のウイルスとエネルギー問題を同列に上げるのは違うかもしれません(経済的な問題はどちらにしても大きい)が、私が言いたいのは「いつか人間は問題解決する日がくる」ということです。私が小学校の頃は「もう20年から30年でガソリンは無くなるから」と教えられてきましたがあれから30年、オイルショックから50年後にはシェールガスという物さえあります。時間はある程度かかるかもしれませんが「その内必ず良くなるはゴルフと同じである」と信じています。
2021年1月 · 2021/01/03
 今日のレッスンは6歳から9歳までの男の子と女の子のレッスンをさせていただきました。「子供たちの指導は大人のゴルフレッスンとはまた違う集中力が必要なんだな〜」とつくづく感じました。私も小学生の頃からゴルフをしてきたのでジュニアのゴルフについては分かることがたくさんあります。その私が今分かることは「子供たちの未来は明るい」という事です。  私が小学生の頃から高校生までは増田光彦プロの指導を仰ぎました。そして大学生から研修生時代は森道應プロの指導を仰ぎました。人見知りで余り運動神経の良くない私に二人の師匠は真剣にそして熱心に指導をして下さいました。  今度は私が御恩返しをさせて頂く順番になってきたようです。たくさんの師匠から学んできたモノと私の経験したモノをハイブリッドして「希望の星たち」にしっかりとご指導させていただきます。
2020年12月 · 2020/12/19
 「親父から学んだモノ」それは物作りの哲学だ。親父は人生を物作りに捧げた。「では物作りとは何か?」それは「人を喜ばせたり、びっくりさせて、人を笑顔にさせること」がモノ作りの根底にあるのだと思う。親父の背中を通してそう感じる。...
2020年12月 · 2020/12/18
 世界で唯一の存在を亡くした。「何故なんだ?」の問いに答えなんてない。余りの突然の出来事にきっと本人が一番ビックリだったと思う。...
2020年12月 · 2020/12/17
 悲しいんでいる俺をお袋が励ましてくれた。本当は逆になるはずだが、、、...

2020年12月 · 2020/12/16
 今日が人生で最後の1日と思ったらどうしたいですか?誰と会いたいですか?私は家族と一緒にいたいです。  親父と過ごす最後の夜です。「自分の命より大切な物がある」ということを教えてくれたのは両親です。「家族が揃って一つの部屋で寝るのはいつぶりだろうか?」小学生の時のような気持ちで今夜は過ごします。  ...
2020年12月 · 2020/12/12
 皆さんは「団長」という言葉を聞いたことがありますか?「団長」という言葉で思い浮かぶ「人」や「軍団」はいますか?私は「大門軍団」と「団長」がすぐに思い浮かんだ。昭和のゴルフ場には結構「団長スタイル(角刈り)」の人がいたと思う。子供の頃にあの髪型は「デコトラスタイル」だと思っていた。「どちらも先端がピシッと尖っていた方がカッコいい」と思ったからだ。昔のゴルフ場においてヘアスタイルの派閥があるとすれば、それは「パンチパーマ派」か「角刈り派」だった。それは昭和ゴルファーが「青木プロ派」か「尾崎プロ派」に分かれるかのように子供の頃の私には見えた。どの会派にも属さない人が「中嶋プロ派」のような「七三分け」だった。  子供の頃の記憶ではどの会派の人も厳しくそして優しい人が多かった。ミスショットには「気にすんな」と優しかったが、プレーの速度(皆んなが楽しく遊ぶ為のマナー)などには厳しかった。「愛情を持って叱ってくれる雷親父はどこにいったのか?」パンチ &角刈りと共に絶滅したのであろうか?  私自身は「昭和のオジさん達」からゴルフ場で優しさと厳しさを学んだ。時代遅れかもしれないが「昭和の良いところ」を令和で生かそうと思う。

さらに表示する